スポーツマネジメント学科

スポーツマネジメント学科

概要

スポーツマネジメント学科では、経営学を基盤としスポーツ事業を展開し組織を束ね顧客を創造していく過程を、理論と実践を踏まえて習得します。組織のスポーツヴィジョンを実現していくためのマネジメント力を養成します。「経営学をベースにスポーツマネジメントを学ぶ」という点が、他大学にはない大きな特長です。社会に出てスポーツビジネスの中核を任されている卒業生のほか、一般企業でも広く活躍している卒業生がいるのは、「経営」を学んでいるからです。

将来のイメージ

プロスポーツチーム・スポーツ施設・スポーツ団体・NPO・一般企業・スポーツメーカー・スポーツクラブインストラクター・ スポーツジャーナリスト・中学校教諭(保健体育)・高等学校教諭(保健体育)大学院進学・公務員など

▲ページの先頭へ

学びの分野

スポーツビジネス Sports Business

国境・言葉の壁など様々ものを超えられるスポーツ。出会いや感動など様々なものをつなぐこともできます。そんなツールとして、スポーツをより上手に使えるようになる。それがスポーツマネジメントです。人を幸せにし、世の中にインパクトを与えることができます。

この分野の魅力

スポーツで世の中をもっと楽しく!

スポーツビジネスは、指導者・選手・スポンサー・メディア・地域サポーター・クラブスタッフなど、スポーツに関わるすべての人々をハッピーにする営みです。人と人をつなぎ、新たなスポーツの価値を創造します。

どんなビジネスにも共通するフォーマットを!

どのビジネス組織にも必要なもの。それはお客様に喜ばれる仕組みです。ここではそれを「スポーツという切り口」で学んできます。原理原則を学ぶことでどんな業界でも伸びていける力が身に付きます。

説得力と実行力のある人材育成!

スポーツビジネスを学ぶ際には、現状把握→課題抽出→課題解決の方策→実施と、理論と実践を繰り返します。思考のトレーニングを繰り返し、自分の頭で考えられる学生を育てています。スポーツを通じ、説得力と実行力のある組織人を育成します。

スポーツトレーナー・指導者 Sports Trainer

スポーツトレーナーやコーチ、インストラクターなど指導者として活躍できる人材を育成します。さまざまな人を対象に、より良い健康のための身体の動かし方、体力づくりを提案するなど幅広く応用ができます。トレーナーとして携わった選手やクライアントの能力に変化が見られる時、相手を向上させ感謝される喜び、やりがいと実感を得られる分野です。

この分野の魅力

国内最高基準のトレーニングルーム

経営大には、規模・器具・種類とも最高水準のトレーニングルームを完備。ひとりひとりの学びに対する育成環境としては国内屈指。ここでトレーナーとしての実践を重ねていきます。

トレーナー部交流会で出会いと成長を!

本学では毎年、早稲田・金沢・新潟医療福祉など各大学のトレーナー部と交流会を実施しています。学術的な部分だけでなく、学生トレーナーとして活動する悩みやキャリアへの考え方が共有できます。プレゼンテーションのプレッシャーを経験し、学生の取り組みも交流会前後で大きく変わってきます。

トレーナーの指導では人間性の向上を。

トレーナーの活躍は、競技に限らずフィットネス・医療・介護の分野にまで広がっています。対象に合わせ個別に指導・改善していく方向に変わってきています。技術や知識以上に人間性を重んじた指導で、トレーナーの素地を養います。

健康・地域スポーツ Health and Lifelong Sports

健康維持・増進のために行うスポーツは、人とスポーツの新たな出会いの場を提供し、コミュニティづくりにも効果があります。ここでは、人の身体のつくりや機能を理解したうえで「多くの人に適したスポーツの機会を生み出すことと、それをビルドアップすること」に力を入れています。

この分野の魅力

大学と地域を結ぶスポーツ。

経営大では、競技にとらわれず、高齢者や子どもにスポーツの機会を提供する試みを進めています。高齢者とスポーツやフィットネスをつなげる指導を、学生自らが地域に出向き行っています。地域で指導することで学生自身が輝くことができ、将来のキャリア形成にもつながっています。

平均寿命ではなく「健康寿命」という考え方。

よりよく生きるための「健康寿命」。これを延ばすためには、スポーツ・栄養・休養をバランス良く取り入れることが求められます。経営大では実践を交えながら、より良く生きることとスポーツの連動性を学んでいきます。

「人の身体には運動が必要」医学の視点を盛り込む。

運動は、身体に良い影響を与えるだけでなく、精神や脳の働きにも良い結果をもたらすと言われています。脳を含めた身体と運動の関係を知り、対象者へのより良い提案や活用を見出していきます。

保健体育教員免許取得プログラム

平成27年度より星槎大学との教職課程連携により、中学校・高等学校一種免許状(保健体育)が取得可能になりました。本学の学費のほかに星槎大学の受講料等、別途費用が必要です。

保険体育教員免許取得プログラム

▲ページの先頭へ

教員紹介

教員一覧

▲ページの先頭へ

ゼミナール

基礎演習は1年次全員を対象としたゼミナールです。グループワークにより、読む・書く・まとめる・発表するという大学生として基礎的な学習技術の習得やリレー形式の講義により各担当教員の専門分野を理解します。また、プロスポーツイベントの運営を体験し、スポーツ産業についての理解も深めます。

スポーツマネジメント学科では、3年次から専門演習(ゼミナール)が始まります。担当教員の指導のもと、各研究テーマに基づいて研究し、報告・討論していきます。

ゼミナール
研究テーマ例
□スポーツ医科学 □アスレチックトレーニング(AT)
□「体操競技」を専門とし、技術・採点規則・動作分析を題材とする 
□総合型地域スポーツクラブを通した地域スポーツ振興策の研究とアウトドアスポーツの実践
□プロスポーツを通じてマーケティングのプロフェッショナルを目指す
□ヒトの動きの神経科学(身体運動のコントロールを操る) 
□プロサッカー選手・指導者を目指すための、技能と知識の向上 など

▲ページの先頭へ

目指す資格

理論と実践に優れた即戦力を育成するという理念から、各種資格取得についてもバックアップを行っています。本学科で取得を目指す資格は次の通りです。

日本体育協会公認スポーツ指導基礎資格(スポーツリーダー)

様々な人々に適したスポーツ指導を通じて、スポーツ技術や楽しさ・素晴らしさを伝えることができる能力を証明する資格です。基礎資格であるスポーツリーダーを取得後は、競技別資格、フィットネス資格、マネジメント資格などにチャレンジします。

CSCS

主として競技選手のパフォーマンス向上を目的とした科学的なトレーニング方法についての専門的な知識を証明する資格です。安全で効果的なストレングストレーニングとコンディショニングのプログラムをデザインし、指導する専門職です。本学はNSCA「CSCS認定校」のため、本学で受験できます。

NSCA-CPT

健康づくりとフィットネス指導についての専門的な知識を証明する資格です。個人の特性や目的、ライフスタイルに合わせたトレーニングプログラムをデザインし、マンツーマンの指導を行う専門職で、競技選手から高齢者、生活習慣病の危険因子を持つ人々まで広範囲にわたり指導します。

JATI-ATI

一般人の健康体力増進から選手の競技力向上まで、あらゆる対象や目的に対応できるトレーニング指導の専門家のためのスタンダードな資格です。

日商簿記検定

スポーツ関連企業での実務に必要な会計業務に関する専門知識を証明する資格です。簿記は会社のお金の流れを正確に把握して分析し、経営方針や事業展開を立案する際に必要な情報を提供します。

販売士検定

スポーツ関連ショップなどにおいて、販売や経営を担当してみたい方には最適な資格です。3級は販売技術力、2級は販売管理能力、1級は経営管理能力を証明できる資格です。近年では小売業に関わらず、金融や製造関連業種等からの受験者も増加しており、本学でも毎年多くの学生が受験しています。

その他

マイクロソフトオフィススペシャリスト、ビジネス実務法務検定、秘書士など

※1:NSCA(National Strength & Conditioning Association)
「全米ストレングス&コンディショニング協会」
ストレングスコーチ、パーソナルトレーナー、スポーツ医科学者、フィットネスインストラクターなど、トレーニング分野に携わる専門職の非営利団体です。1978年に米国で設立され、現在では世界約75ヵ所、会員数は25000人を超える団体です。日本にはNSCAジャパンがあり、CSCSやCPTの認定試験はすべて日本語で受験することができます。
※2:JATI(Japan Association of Training Instructors)
「日本トレーニング指導者協会」
ストレングス&コンディショニングコーチ、パーソナルトレーナーを始めとしたトレーニング指導者達が2006年に設立した特定非営利活動法人です。常に研鑽を積み、専門職としての知識と技能を高めるために、情報交換や議論を深める場を作りたいという機運の高まりから設立され、国内におけるトレーニング指導の普及に努めています。

▲ページの先頭へ

学びのステップ

学びのステップ

▲ページの先頭へ

カリキュラム

スポーツビジネス分野関連科目(抜粋)

□スポーツ産業論 □観戦者調査論 □スポーツマーケティング論I・II □スポーツイベント実践 □プロ・スポーツ運営実習 □スポーツマネジメント論I・II □地域スポーツ振興論 □スポーツ社会学 □スポーツの法と行政 □地域スポーツ運営実習 □スポーツイベント論 □スポーツ統計学 □スポーツマーケティング論

スポーツトレーナー・指導者分野関連科目(抜粋)

□スポーツ指導論 □人体の解剖と生理学□ストレングス&コンディショニング演習 □骨格筋の解剖学 □スポーツ医学 □ストレングス&コンディショニングの理論 □救急処置 □アスレチックトレーニング演習II(上肢) □下肢スポーツ障害・外傷論 □運動生理学 □アスレチックトレーニング入門 □ストレングス&コンディショニング実習I・II □スポーツ医科学実習入門 □上肢スポーツ障害・外傷論 □スポーツ栄養学

健康・地域スポーツ分野関連科目(抜粋)

□スポーツ指導論 □観戦者調査論 □スポーツイベント論 □地域スポーツ振興論 □スポーツ栄養学 □少年スポーツ指導実習 □スポーツ社会学 □スポーツイベント実践I・II □地域スポーツ運営実習 □スポーツバイオメカニクス □スポーツ産業論 □スポーツの法と行政 □スポーツ心理学

▲ページの先頭へ

その他

単位互換制度

他大学との単位互換協定により、以下の協定大学の講義科目を受講することができ、修得した単位は本学の進級・卒業に有効な単位となります。

□新潟大学経済学部 □長岡技術科学大学工学部 □新潟国際情報大学情報文化学部
□新潟産業大学経済学部 □新潟中央短期大学幼児教育科

資格取得単位認定制度

簿記検定(日商・全商・全経)や販売士検定、情報処理技術者試験などの資格を取得することによって関連する科目の単位として認定される資格取得単位認定制度を設けています。入学前に対象となる資格を取得した場合もこの制度が適用されます。

▲ページの先頭へ