経営大トピックス

  • チェック

【中島ゼミ・マカロニチップスプロジェクト】マカロニチップス出前授業で加茂市の中学生と交流(2015.05.28)

 さる5月22日(金)、加茂市立須田中学校で中島ゼミの橋本 貴光さんと渡辺 飛鳥さん(ともに経営情報学科4年)が、3年生の家庭科の授業に招かれ、マカロニチップスプロジェクトの活動紹介と試食体験をするワークショップをおこない、同校の生徒たちと交流しました。
 参加した17人の生徒たちの多くが、地元のまちおこしグルメ『マカロニチップス』を食べるのは初めて。専門店『ぱすたみすた』さんと学生が昨秋共同で開発したホットチリ味をはじめ、現在販売中の味のいくつかを食べ比べ、グループごとに味や食感、食べ方の提案などを意見交換し、発表しました。
 生徒からは「歯ごたえがあっておいしい!」「辛い!」など、様々な感想が聞かれました。
 また、校長先生、教頭先生、クラス担任の先生もこの授業に参加されました。
 橋本さん、渡辺さんの二人は、生徒たちの新鮮な反応と率直な意見に、「今後、マカロニチップスを10代の若者に広めていくうえで参考になった」と、手ごたえを感じていたようです。

150522_1  150522_2

▲ページの先頭へ