経営大トピックス

  • チェック

【中島ゼミ・マカロニチップスプロジェクト】表参道・新潟館ネスパス「にいがた県央地域『技と地域の魅力』フェア」に参加しました(2015.09.14)

 表参道・新潟館ネスパスを会場に、新潟県三条地域振興局・新潟経営大学・大学と地域の協働による観光活性化モデル事業協議会主催による「にいがた県央地域『技と地域の魅力』フェア」が、9月11日(金)〜13日(日)、3日間にわたり開催されました。

 燕の鎚起銅器をPRするトークショー、研磨体験ワークショップが開催されたほか、本学からは、中島ゼミ3、4年生を中心とした「マカロニチップスプロジェクト」メンバー6名が参加しました。

 「越後の小京都」加茂の魅力を発信するべく、ふるさと戦隊・カモレンジャーショー、国産マカロニ発祥の地・ご当地グルメ「マカロニチップス」の販売などを通し、新潟館ネスパスに来店されるお客様に、加茂のPRを行ないました。新商品「マイルドチリペッパー味」も初お披露目となりました。また、カモレンジャーショーでは、特別参加の新潟中央短期大学1年生の八木 栞里さんが、得意のMCで会場を盛り上げました。

 3日間、天候に恵まれ、マカロニチップスは用意した分をほぼ完売、本学学生が「ぱすたみすたさん」と共同開発したマカロニチップス・マイルドチリペッパー味も好評でした。カモレンジャーは、外国からの観光客、お子様連れ家族、若者たちに人気で、握手や写真撮影を求められ、人だかりができました。学生も、初の東京進出に戸惑いながらも、チームワークを発揮し、奮闘しました。

 チームリーダーとなった4年生の樋口 拓也さんは、「売り上げにビクビクせずに楽しめたのが一番の成果。買ってくれたのは多くが新潟出身の人で、東京の人にアピールするには、まだまだ工夫が必要」と冷静に振り返りました。
 今回の貴重な経験を跳躍台にして、本プロジェクトの一層の進展を期待したいものです。

150911-13_1

150911-13_2

150911-13_3

150911-13_4

150911-13_5

▲ページの先頭へ