長岡 慈英さん
経営情報学科1年 新潟県/新発田高等学校出身 選抜区分:一般選抜(共通テスト利用)
  • 新潟経営大学を選んだ理由は?

    私が新潟経営大学を選んだ理由は、将来の選択肢をより広げることができるからです。新潟経営大学では、様々な資格取得のサポートが他大学より充実しています。例えば、対象の資格・検定であれば、検定料を4年間で合計6万円まで補助してくれます。これは全学生が対象です。また、それぞれの資格・検定に詳しい先生方がいるため、学ぶことに関してもサポートが充実しています。資格を多く持つことは就職の際に非常に大きなアドバンテージとなります。この大学で多くの資格を取ることで将来の選択肢をより広くでき、そして自分の武器を増やすことができます。

  • 目指している職業ときっかけを教えてください

    まだ具体的にはっきりと決まってはいません。しかし、経営の知識を活かせる職業に就きたいと考えています。新潟経営大学は経営学に関して幅広く学べるため、多くの知識を身につけ、大学生活を通して自分には何ができるのか、何が向いているのかを見つけたいです。そして、それに合った職に就きたいと思います。

  • 入学して感じる新潟経営大学の魅力は?

    自分の成果が分かりやすく形として表れるところです。新潟経営大学では対象の資格取得による単位認定制度があります。資格を多く取れば取るほど単位をもらえるため、自分の頑張りがそのまま成績に反映されます。これは他の大学ではあまり無い制度です。成果が見えることで自身のモチベーションに繋がるだけでなく、取得した資格が自分の武器にもなります。

  • 高校と大学の違いはどのように感じますか?

    大きく違う点は義務教育であるか、ないかという所だと思います。高校とは違い、全ての授業を受けるのではなく、大学は自ら受講する講義を選択するのが基本です。受講する数も学生によって変わります。そのため、頑張る学生と頑張らない学生の間には高校時代よりもより顕著に成績に差がついてきます。向上心を持ち、メリハリをつけて過ごすことが大切だと思います。

  • 大学生活でいま一番打ち込んでいることは?

    私が今一番打ち込んでいることはインターンシップです。インターンシップは2年生から始めることが多いのですが、社会に出たときに自分の能力がどれほど通用するのかということや、社会のルール、マナーを早めに身につけ、知っておきたいと考え、参加しました。

  • 高校時代にやっておくべきこと・やっておけばよかったと思うことは?

    やはり勉強です。学習量が圧倒的に足りなかったと反省しています。計画的に少しずつでも毎日勉強していくべきだったと今では思っています。また、特に国語、英語はもっと力を入れておけばよかったと思いました。新潟経営大学では主に文系科目が多いため、この2つの教養は欠かせません。発表やレポートでは相手へ伝える力が必要なため、日頃から文章力を身につけておくべきだったと実感しております。

  • 受験生への受験のアドバイスをお願いします。

    最後まで諦めないことが大切です。まずは受験本番までできる限り自分を追い込んで勉強してください。受験が近づくにつれ、気持ちが重くなったり、思い通りに成績が伸びず辛くなったりするかもしれません。そんな時こそ、自分を信じて折れずに頑張ってください。どんな結果になろうとも、辛い時期の努力は必ず後の自身の力になります。受験時の志望理由書は自分のことを正直にしっかりと書くことが大切です。最後まで諦めずに頑張ってください。受験生の皆さんを応援しています。

合格体験談一覧に戻る