高橋 優大さん
経営情報学科1年 新潟県/新津高等学校出身 選抜区分:一般選抜(学力総合)
  • 新潟経営大学を選んだ理由は?

    経営情報学部があること、そして就職サポートが手厚いため、新潟経営大学を志望しました。高校時代に、大学のマーケティングの講義を受けたことがきっかけで、経営学に興味が湧き、将来一般企業に就職したいと現在考えています。また、新潟経営大学はTACと提携し資格取得がしやすく、取得した資格と単位の変換も行っていたため魅力を感じました。他にも、経営学実地研究という講義があり、実際に企業の方と関わり実践的な経営学を学ぶことができるため、就職する際のアピールにもなりますし、入社した後に自分の将来のイメージとの齟齬も生じにくくなるのではないかと考えました。

  • 目指している職業ときっかけを教えてください。

    私は地元企業に就職し、商品の企画開発や商品のプロモーション計画の作成を行いたいと考えています。先述の通り、高校時代に大学のマーケティングの講義を受けた際に、経営学に興味が湧き将来はマーケティング関連の仕事をしたいと思うようになりました。今は新潟経営大学の経営学実地研究やインターンシップに参加し、より実践的な経営学の学びを行い、将来に生かしていきたいと考えています。

  • 入学して感じる新潟経営大学の魅力は?

    資格取得がしやすい所だと思います。新潟経営大学はTACと提携し、資格取得を目指す人をサポートする制度があります。また、講義を通してレベルを上げ資格取得へと導いてくれます。ただ、学ぶだけでなく検定や資格の合格を目指すような講義を受けられるのは、自分のステップアップをより実感しやすいように感じます。

  • 高校と大学の違いはどのように感じますか?

    高校と大学との大きな違いは、時間の使い方であると思います。高校時代は、学校のカリキュラムに即して時間を縛られて学びますが、大学は自分で学びたいものを自由に選び学びます。大学は自由なことが多いのは良いように思いますが、しっかりと講義を受け、資格取得を目指して勉強を怠らないのも自由、4年間遊んで楽しむのも自由です。私は大学では自分の将来を考え、高校の時とは違い、受動的な学びから能動的な学びを行わなければいけないようになったのではないかと思います。

  • 大学生活でいま一番打ち込んでいることは?

    資格の勉強を頑張っています。私は将来、企業に就職したいと思っているため、面接の際などで他の面接者の方と自分との差別化を図る上で、資格を多く持っていることや、色んな知識があることは強みになってくると思うため、計画的に勉強しています。また、資格を取得すると大学の単位を「秀」という100点の評価で受け取ることができるため、良いことづくめで、モチベーションも高いまま継続できています。

  • 高校時代にやっておくべきこと・やっておけばよかったと思うことは?

    やっておくべきことは、高校時代の授業をしっかり受けることです。当たり前のことですが、大学の専門的な学びには高校時代に学んだ基礎的なものが必要なので、地盤となる基礎知識を固めることが重要だと思います。逆に基礎が固まっていればすんなり授業も理解でき、良い評価で単位を取ることができると思います。

    やっておけばよかったことは、資格の勉強です。資格はある程度時間をかけ、努力すれば取ることができるので高校時代から努力しておけばよかったなと思いました。特に簿記初級などは、大学に入ってすぐ取得しましたがもっと早い段階から学んでおけばよかったと思います。

  • 受験生への受験のアドバイスをお願いします。

    私は新潟経営大学の受験方式で面接があったことから、面接でうまく受け答えできるようになりたいと思い、興味のあった経営分野のことや将来のことについて調べていき、明確に大学へ入ったらなにをしたいかなどを決めました。

    それまで大学は「周りの友達も入るし、就職するなら大学に行った方がいいかな」というような大学入学に対して短絡的な意識でした。しかし、調べていくうちにやりたい事や身につけたい事なども分かってきて、自分に必要なことをみつけ、積極的な行動ができるようになったと思います。なので、これから受験をする皆さんも勉強だけでなく、自分の将来について深く考え、自分の興味のあることを調べたり、自分の将来に役立てるためにどのような行動をしていくかなどのプランを立てておくことも大切だと思います。

合格体験談一覧に戻る