倉地 浩人さん
経営情報学科1年 新潟県/新潟県立五泉高等学校 選抜区分:総合型選抜 主体性重視1期
  • 新潟経営大学を選んだ理由は?

    私が経営大学を選んだ理由は、経営学が学べる点と多くの資格・検定が取得でき、自分のなりたいものに繋げられる点です。経営学といっても幅広い分野を学ぶことができるので、この経営大学では、経営に関係する基礎知識を様々な視点からを身につけることができます。そのうえ、取得できる資格・検定も他の大学よりも遥かに多いので、専門知識を身につけながら、自分にマッチした資格を取得できるという2つの点からこの大学を選びました。

  • 入学して感じる新潟経営大学の魅力とは?

    新潟経営大学の魅力は幅広い分野に対応した先生がいる点と景色がいいことです。

    私は入学してすぐどんな資格を取得しようか悩んでいましたが、新潟経営大学は学べる分野が沢山あるため、各分野に対応した先生おり、分からなくなったらそれぞれ専門の先生がきちんと教えてくれます。他の学校や専門学校でも資格は取得できますが、新潟経営大学以上に充実した先生がいるところは数少ないと思います。それに加え、それらの資格を勉強できる施設もあります。ここの大学では自分のなりたいものに迷った時に頼れる先生がいるところが他の大学や専門学校に比べて魅力的な部分です。

    また、この大学は丘の上にあるので他の学校よりも景色がとても綺麗です。晴れてる日は弥彦山と角田山も綺麗に見れます。

  • 高校と大学との違いはどのように感じますか?

    高校と大学の違いは時間の余裕があるということです。これはただ遊ぶだけの時間が増えるという訳ではなく、自分がやりたいと思うことに時間をかけてできるということです。

    例えば趣味やサークル、部活動といったことに使ったり、アルバイトやボランティア活動にも取り組むことができます。高校と違ってかなり時間があるために自分で取りたい資格の勉強もすることができます。逆に言えば自分で考えて行動しなければ、あっという間に時間は過ぎてしまうので、どうように時間を使うか自分で考えて動くこともこれからの就職活動や社会に出てから役に立つのかなと感じます。

  • 大学生活でいま一番打ち込んでいることは?

    1番打ち込んでいることは、趣味に時間をかけることと自分の進路探しです。音楽が好きなので長い夏季休暇の時にライブに行ったり、自宅で楽器の練習をしたりしました。

    もうひとつは進路探しです。私は今年の夏季休暇にインターンシップに行ってきました。将来何になりたいのかを早めに動くことによってじっくり沢山調べることが出来るので、今資格や職業について学校の図書館やキャリアやインターネットを利用し取り組んで

  • 高校時代にやっておくべきこと・やっておけばよかったと思う事は何ですか?

    高校時代にやっておくべきだったことは、部活動です。私は高校時代、生徒会に所属し、副会長をしていました。小学校の頃からずっと野球をしていたので本当は野球をしたかったのですが、部活動はしませんでした。

    ですが、また野球がしたいという思いから大学に入ってから野球部に所属しました。しかし人数が足りず試合や練習があまりできないので、高校の時にしておけばよかったなという後悔があります。最後に宣伝になりますが、もし野球をしたいなと思ったらぜひ野球部お待ちしております。

  • 受験生へ受験のアドバイスをお願いします

    オープンキャンパスにたくさん参加し、その学校の特徴を知り、多くの情報を手に入れることです。オープンキャンパスに多く参加することにより、面接の練習や志望理由書も書きやすくなります。大学にはそれぞれの特色があるので、それを見つければ受験対策も有利になります。最後に受験の前日は早く体を休め、睡眠をたくさん取ってください!

合格体験談一覧に戻る