スポーツ

  • 経営情報学部
  • スポーツマネジメント学科 3年
  • 丹羽 一陽さん
  • (藤枝名誠高校卒)

食事や体力づくり、ケガの処置…
スポーツを取り巻く全ての要素がおもしろい!

今、興味関心のあることは?

幼い頃からのサッカー経験を活かして、環境の整った強い大学でサッカーがしたいと思い、入学を決めました。自分の長所は、いつも笑顔で周りを明るくできること。またバスケットボールや卓球など、サッカー以外のスポーツも得意です。現在、サッカーに限らず、スポーツ全般を通してどのような職業があるのか?という点に関心を持っています。サッカー選手として活躍することしか考えていなかった高校時代から、大学での幅広い学びによりぐんと視野が広がりました。

なりたい自分に向けて何を学んでいますか?

授業では、スポーツの成り立ちや歴史、体力づくりとして栄養学や筋力トレーニング、スポーツごとのケガの種類や処置の仕方などを学んでいます。机上での学びは、サッカーの部活にも確実に活きており、ウエイトの調整ひとつをとってもさまざまな方向性・可能性を考えるようになりました。また、定期的に行われる体力テストの測定では、筋力や心拍数などの数値データの推移を研究の一環として細かくチェックしています。ピッチに立つ瞬間以外の要素が大きく影響し、スポーツの勝敗につながっていることを実感しています。

どんな可能性が広がっていますか?

まずはサッカー選手として一流を目指したい。同時に、セカンドキャリアとして何かしらスポーツに関わる仕事に就きたいと思っています。接骨・整骨院やジムトレーナー、栄養士など、人体の勉強を通して見えてきた可能性は無限大。実際に、スポーツ選手やスポーツ関連の職業に従事されているOBの方から具体的なお話を聞くチャンスにも恵まれています。将来のために言葉遣いや振る舞いなど、社会人として恥ずかしくない教養も身につけていきたいですね。

TOP