スポーツ

  • 経営情報学部
  • スポーツマネジメント学科 3年
  • 佐坂 明音さん
  • (山村学園高校卒)

自分の個性を生かしたプレーで、
限りない可能性に挑戦!

今、興味関心のあることは?

バスケットボールをする際の練習や食事内容、姿勢、ウエイトトレーニングなど、自分自身の体に関わること全般です。経営大に入学した一番の理由は、プロバスケットボールプレーヤーである姉と卒業後、同じコートで戦うため。その目標のためには、もっと継続力を養う必要があると思っています。熱しやすく冷めやすい性格なので、どんな分野もコツコツ地道な努力を重ねていく訓練をしています。

なりたい自分に向けて何を学んでいますか?

まずはメンタルの強化です。入学時に比べて随分タフになったと思いますが、やはり勝負の世界は精神面も大事な要素なので、現状に動じない強い心を育てていきたい。次は時間の使い方です。一人暮らしは自由な時間がたくさんある一方、自主性がないとだらけてしまうため、メリハリのある一日の過ごし方ができるよう工夫しています。いずれも、継続力を鍛えるための大切なポイント。チームメンバーも先生も、良い人間関係の中でアドバイスを受けながら、心と体の成長をサポートしてもらっています。

どんな可能性が広がっていますか?

プロ契約が最大の目標ではありますが、正直焦りがないとは言えません。プロの世界で活躍できなかった場合の選択肢として、体育教員や一般企業への就職の道もあることをしっかり念頭に入れ、状況に応じて可能性を広げていきたい。キャリアデザインの授業や卒業生からのお話、インターンシップ体験など、将来像を見据える機会がこの大学にはたくさんあります。その学びを活かしつつ、自分らしく輝ける未来をこれからも模索し続けていきたいです。