資格

  • 経営情報学部
  • 経営情報学科 3年
  • 波多 京太郎さん
  • (長岡商業高校卒)

公認会計士試験突破に向けて前進!
多くの経験が「挑戦」の原動力に。

今、興味関心のあることは?

外国文化との交流に興味があります。大学の留学生センターで交流する中で、普段の生活では手に入らない貴重な経験を得て視野を広げています。

そして最も力を入れているのが「公認会計士」試験合格のための勉強。もともとこの大学を選んだ理由は、高度な簿記会計の知識を学ぶことができることでした。高校1年から始めた簿記会計の学びを深め、充実したバックアップ体制で自分の夢に近づいていく現状にとてもやりがいを感じています。

なりたい自分に向けて何を学んでいますか?

高校時代から漠然と興味を持っていた「公認会計士」の夢は、大学での勉強の中で徐々に明確な目標になっていきました。特に、現役の公認会計士である先生の講義「監査論」を受講したことも良いきっかけに。1年次に税理士試験の簿記論と財務諸表論にW合格し、公認会計士試験の一次試験にあたる財務会計論を科目免除することができました。今は、本格的に公認会計士試験勉強にシフトして、信頼する先生や仲間たちと人生をかける気持ちで夢を実現していきたいと思っています。

どんな可能性が広がっていますか?

専門である監査を主体に、一人のプロフェッショナルとして名だたる企業へ立ち向かう公認会計士の姿に憧れを抱き続けています。高校生からスタートした簿記会計の学びの中で、多くの挫折も力不足も感じてきましたが、難関と言われる試験に合格することができたのは過去の経験の賜物。自身の成長や未来の可能性を感じたポイントでもありました。社会に出てからも欠かせないコミュニケーションスキルの向上も目指しながら、ずっと学び続けていきたい。挑戦する力は、必ず自分の武器になると信じています。

TOP