強化指定クラブ(サッカー部)特別対談

スポーツマネジメント学科の同期生であり、
サッカー部のチームメイトとして
4年間切磋琢磨してきた濱託巳、新井直人。
アスルクラロ沼津、アルビレックス新潟へ
それぞれ内定が決まった今、これまでの出来事や
プロ入りを抱えた心境について語ってもらった

己を見つめ直す
ことの大切さ

今から4年前、濱託巳は静岡から、新井直人は東京から新潟経営大学へ進学することを決意した。当時の想いについて、高校3年の10月頃見学に来た新井は、「関東の大学よりも1年次から活躍のチャンスがありそうだと感じた」と話す。高校選手権で敗退を経験した濱は、「就職するか、サッカーを続けるか迷った時期。杉山監督にお会いして、やはり大学でもサッカーを続けたい!信じて進もうと決めました」と振り返る。「入学を決めたからには必ずプロになる」というゴールを設定していた新井と、「プロへの道はチャンスがあれば…大学卒業後、就職の道もありだと考えていた」という濱の言葉にも個性が表れている。
今回お互いにプロ入りを果たすまでに、4年間の学校生活、サッカー部での紆余曲折も当然あっただろう。自分の中で成長を感じたポイントを挙げてもらった。
「学校の授業、部活の練習、初めての一人暮らしなど、慣れない環境の中で大きく変化したのは〝時間の使い方〟でした。常に〝今何をすべきか〟優先順位をつけて行動すること。自分をコントロールすること。また大学サッカーでは、人としてのマナーや立ち振る舞いの大切さを学びました。言動を見られているという意識は、確実にプレーに影響することを教えてもらいました」(新井)
「一つひとつの練習をきっちりと、基礎に重点を置いたサッカーを学ぶことで、初心に返るというか、改めて自分を見つめ直すことができた。〝原点回帰〟が成長につながった気がします。そして日々の暮らしから100%自分の責任で動くようになり、親のありがたみを感じたことも大きかった」(濱)

1年から試合に出て活躍し、2年・3年と選抜に関わってJリーグへという理想的なステップを踏んだ濱は、「選抜で大学の最高峰の選手と試合ができたことは嬉しかったが、悔しい想いの方が上回っていました。自分のプレーにも、起用されないことにも、これが現実なのかと…」と言葉を濁す。しかしながらその経験がバネになり、1つ上のステージへ進んだことは言うまでもない。
一方、選抜入りをあと一歩のところで逃した新井は、「自分はまだまだなんだという認識をプラスのエネルギーに変えていけたことが良かった」と微笑む。物事をネガティブに捉えてクサることは簡単。やり続けることで見えてくる成長を大事にしてきたようだ。

さまざまな経験を積み重ね、プロサッカーリーグの夢をつかんだ二人。経営大のOBであり、日本代表として活躍する〝東口順昭選手〟の名前が話題にのぼると「プロサッカーを志す上で目指す、まさに頂点」と口を揃えた。日の丸を背負って活躍する先輩をどのように見ているのか尋ねると、「話を聞く機会はあるけれど、想像しにくい…」(新井)「次元が違い過ぎてどうイメージしたら良いか…」(濱)と恐縮気味だ。自らの姿を投影することもできないほど偉大な雲の上の存在といったところだろう。プロ入り前の現状を考えれば無理もないが、同じキャンパス、同じフィールドでサッカーを学んだ事実は、彼らの誇りになっているに違いない。

さて開幕を目前に控えた今、チームに対する今後の目標を聞いてみよう。〝アスルクラロ沼津〟に入る濱は、「開幕スタメンは誰もが目指すところだと思う。おそらく、プロ入りする新人は皆同じ気持ちではないでしょうか。手応えは…50:50(フィフティ・フィフティ)ですね」と笑顔で答える。〝アルビレックス新潟〟に決まった新井はこう話す。「チームとしてはJ1昇格を目指しています。自分を含め33人、チームの一人として貢献できれば。個人的には自信のあるディフェンス力を活かしつつ、キックの精度をもっと上げていきたいと考えています」

日常の継続の先に
夢がある

後輩たちからの憧れの存在となる二人。同じようにプロを目指して日々練習に取り組む後輩たち、そして、経営大への進学を目指す高校生へどんな言葉を残すのだろうか。
「夢や目標は、日ごろの積み重ねによって実現するものだと実感します。ベテラン選手のケアの仕方や時間の使い方は、やはり見本となるもの。ピッチに立つ瞬間以外にも、大事な要素がたくさんあるので、小さなこともおろそかにしないで欲しいと思います」と話す濱は、自分が言うのもおこがましいですけど…と照れ臭そうに付け加えた。
「自分としては運の良さもあって加入することが決まった、奇跡の連続のように感じていました。でも監督から言われたのは〝運をつかむのも継続の結果だ〟ということ。前向きにやり続けることで〝選抜の実績がなくても上を目指せる〟ということを後輩たちには示したい。自分がその存在として、目標になれるよう頑張っていきたいと思っています」と新井。現状に甘えず、流されず、自分を持って、タイミングが来るまでじっくりと―という表現が印象的だった。

あなたにとってサッカーとは?という壮大なテーマには、今までもこれからもやめることは考えられない「共に生きていくもの」と断言した新井。チームやサポーターほか多くの関係者を含め「人とつながれるもの」と答えた濱。新たなサッカー人生の幕開けに、大きな拍手とエールを送ろう。

Takumi Hama

濱 託巳

スポーツマネジメント学科 2019年3月卒
静岡県 藤枝明誠高校卒

Naoto Arai

新井 直人

スポーツマネジメント学科 2019年3月卒
東京都 実践学園高校卒

TOP