○インディペンデンスリーグ2018【北信越】

○インディペンデンスリーグ2018【北信越】

○概 要
名 称 インディペンデンスリーグ2018【北信越】
目 的 公式戦に出場する機会が少ない選手に対して、公式戦に近い試合の場を与え、個人のレベルアップを図ると共にチームの活性化を図り、チーム力向上を通じて北信越大学サッカーの発展を目指す。
主 催 北信越大学サッカー連盟
主 管 北信越各県大学サッカー連盟
期 間 平成30年8月下旬~10月中旬
会 場 参加大学グラウンド
大会参加資格 (1)(財)日本サッカー協会並びに(一財)全日本大学サッカー連盟に登録されている単独の大学の
   学生を以って構成されたチームであって次の資格を有する者に限る。
(2)北信越大学サッカー連盟に登録してある大学(本年度の加盟団体登録手続を完了し、会費納入済
   みのチ ーム)の学生であり、(財)日本サッカー協会に選手登録をしている者。
(3)1チームの選手登録人数は上限30名とする。大会期間中の追加登録は認めるが、登録選手の削
   除及び交代は原則認めない。但し、第43回北信越大学サッカーリーグにおいての出場時間が計
   540分未満の者に限る(前期終了時点)。
(4)チームを構成する選手の中に外国籍を有する選手を含む場合は大会エントリー30名中3名以内と
   し、試 合出場は1試合3名以内とする。
(5)参加する選手は(財)日本サッカー協会個人登録選手証を必ず持参すること。持参しない場合は
   出場を認めない。
(6)1チームにつき4級審判員を3名以上登録、本大会に登録すること。
(7)大会期間中、選手のけが等で(3)を満たす選手を確保することができなきなったチームであって
   も、大会に参加し続けることはできる。その場合、当該チームの対戦成績・個人成績は非公式な
   ものとして取り扱うものとする。
(8)大会参加資格に疑義等がある場合は、北信越大学サッカー連盟にて参加資格を審議し決定する。
試合形式 (1)信越地域(新潟県・長野県)と北陸地域(富山県・石川県・福井県)に北信越大学サッカー連盟
   所属のチームを分け、それぞれの地域に手リーグ戦を実施する。なお、リーグ戦の総試合数、日
   程については出場チーム確定後、各地域で相談し、決定する。
(2)試合時間は、前後半各45分の90分ゲームとし、延長戦は行わない。後半開始は、原則、前半キ
   ックオフ時間の60 分後とする。
(3)90分で勝敗が決しない場合は、引き分けとする。
(4)勝点について
   勝ち…3 負け…0 引き分け…1
(5)試合規則は、日本サッカー協会の競技規則による。但し、選手交代については控え選手7名まで
   登録し、内5名までを交代可能とする。
(6)本リーグ戦前の公式戦において退場を命じられた選手は、その大会の規律委員会が決定した未
   消化となっている出場試合数分リーグ戦に出場することができない。また、本リーグ戦において
   退場を命じられた選手は次の公式試合に出場できず、それ以降の処置については、北信越大学サ
   ッカー連盟規律委員会で決定する。
(7)大会を通じて主審より警告を3 回受けた選手は、次の1試合に出場することが出来ない。
  (但し、警告2枚による退場を主審から言い渡された場合は、この2枚の警告分はカウントしな
   い。)
審判員 (1)審判員は、原則、大学生とし、事務局より割り当てられた試合の主審(1名)と副審(2名)
   四審(1名)とする。原則として審判員の内、主審は3級所有者もしくは3級以上の昇級を志す
   者とし、副審、四審は4級以上の審判員資格を所有しているものとする。
(2)必ず審判福を着用し、カード・笛・時計を持参する。
(3)試合開始90分前には会場に到着していること。
(4)報酬は以下に定め、当該チームで負担すること。
  ≪報酬≫ 主審:2,000円 副審:1,000円
ユニフォーム (1)選手の着用するユニフォームは、本大会を通じて同一の物を着用する。
(2)シャツ・パンツ・ストッキングについて、正と副を用意する。副については、正とは色彩が異
   なり判別し易いユニフォームを用意し、使用すること。また、必ず試合にFP・GKのユニフォー
   ムを携行すること。背番号は、明確に判別しうるものでなければならない。
(3)貼り番号がある場合は、事前に審判員の確認を取ること
(4)ユニフォームの色が紛らわしい場合は、審判員が選択の決定権を持つ。
(5)審判と区別するため原則として黒ユニフォームは認めないものとする。
順位決定 試合形式の(4)で定めた勝ち点を与え、その合算の多い順に順位を決定する。但し、最終の合計勝点が同
一の場合には、以下の順序により決定する。
(1)全試合のゴール・ディファレンス(総得点-総失点)の多いチーム
(2)全試合の総得点の多いチーム
(3)当該チームの対戦成績
(4)上記方式においても順位が同一の場合で順位を決定する必要がある場合は抽選により決定す
   る。
運営方法 (1)試合当日の運営は、事務局が割り当てる責任校が中心となって行う。
(2)グラウンド準備は基本的に責任校が行う。また、試合球には新しいボール又は綺麗なボールと
   し、ホーム2個以上、アウェイ1個以上用意する。但し、マルチボールシステムを採用する必要
   はない。
(3)試合終了後、運営責任校は日時・対戦校・試合結果・得点者・アシスト者・警告・退場者を大
   会メールアドレスに送信する。
(4)試合の記録は、運営責任校が管理し、試合終了後その日のうちに大会事務局へデータ入力した
   ものをメール送信する。
表 彰

表彰対象は以下の通りとする。
(1)優勝・準優勝
(2)代表決定戦MVP…優勝チームから選出
(3)各地区得点王…3点以上
(4)各地区アシスト王…3アシスト以上
(3)、(4)において同点者が複数出た場合、上位のチームの資格者1人を該当者とする。

その他 (1)スポーツ傷害保険は各チームで加入しておくこと。
(2)万が一、試合日・会場・開始時刻等に変更がある場合には、分かり次第、必ず大会メールアドレ
   スに連絡すること。
(3)メンバー表を試合開始30分前に3部(相手チーム、本部、審判)提出すること。
(4)ユニフォーム決定は最終的に審判が行うが、事前に対戦チーム同士で話し合い、決めることが望
   ましい
(5)ウォーミングアップ場所は、会場校の事情により、その会場責任者の指示に従う。
(6)試合記録は、原則ホームチームから1名以上出し、責任を持って記録すること。また試合終了
   後、速やかに事務局に結果報告し、記録を郵送すること。


○日程(信越地域)
試合 月・日  時間 会場 対戦
1 9月19日(水) 14:00 新潟聖籠スポーツセンター 新潟医療福祉大B 4 (2-0,2-0) 0 新潟大
2 9月23日(日) 13:00 経大フィールド 新潟経営大A 2 (2-1,0-3) 4 新潟医療福祉大B
3 9月26日(水) 16:00 新潟聖籠スポーツセンター 新潟医療福祉大A 7 (3-0,4-4) 4 新潟医療福祉大B
4 9月30日(日) 11:00 新潟聖籠スポーツセンター 新潟医療福祉大A 10 (6-0,4-0) 0 新潟大
5 9月30日(日) 10:15 経大フィールド 新潟経営大B 3 (2-0,1-3) 3 新潟医療福祉大B
6 10月7日(日) 13:00 経大フィールド 新潟経営大B 1 (0-3,1-6) 9 新潟医療福祉大A
7 10月7日(日) 10:30 経大フィールド 新潟大 3 (3-0,0-6) 6 新潟経営大A
8 10月14日(日) 12:30 経大フィールド 新潟経営大A 0 (0-2,0-3) 5 新潟医療福祉大A
9 10月14日(日) 15:00 経大フィールド 新潟大 1 (0-2,1-3) 5 新潟経営大B
10 10月21日(日) 13:00 経大フィールド 新潟経営大B 2 (2-2,0-3) 5 新潟経営大A
9月23日(日) 15:00 新潟聖籠スポーツセンター 新潟医療福祉大A 4 (2-2,2-0) 2 松本大
10月20日(土) 15:30 経大フィールド 新潟経営大B 0 (0-1,0-1) 2 松本大


○リーグ表(信越地区)
順位 大学名 医福A 経大A 経大B 医福B 新潟大  松本大 勝点 得点 失点 得失
点差
1 新潟医療福祉大A 5 ○ 0 9 ○ 1 7 ○ 4 10 ○ 0 4 ○ 2 4 0 0 12 31 5 26
3 新潟経営大A 0 ● 5 5 ○ 2 2 ● 4 6 ○ 3 ※※※ 2 0 2 6 13 14 -1
4 新潟経営大B 1 ● 9 2 ● 5 3 △ 3 5 ○ 1 0 ● 2 1 1 2 4 11 18 -7
2 新潟医療福祉大B 4 ● 7 4 ○ 2 3 △ 3 4 ○ 0 ※※※ 2 1 1 7 15 12 3
5 新潟大 0 ● 10 3 ● 6 1 ● 5 0 ● 4 ※※※ 0 0 4 0 4 25 -21
※※※ 松本大
(オープン参加)
2 ● 4 ※※※ 2 ○ 0 ※※※ ※※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※ ※※
※松本大学はオープン参加のため、松本大との試合結果は、戦績に含まれません 


○日程(北信越地域代表決定戦)
月・日 会場 時間 対戦
10月28日(日) 新潟聖籠スポーツセンター 13:00 新潟医療福祉大学A 北陸大学A
※新潟医療福祉大学Aの棄権により、北陸大学Aの優勝