教員紹介

観光経営学部

大内 斎之
Nariyuki Oouchi

特任教授

専門分野:臨時災害放送局、コミュニティFM、地域メディア論、マスメディア論、ジャーナリズム論、メディアリテラシー、災害社会学、災害情報論

担当授業科目(演習を除く) 現代文化論、現代文化史、観光地理
学位(授与大学) 博士(学術)(新潟大学)
主たる経歴 【学歴】
1981年3月獨協大学法学部法律学科卒業
2014年3月新潟大学大学院現代社会文化研究科博士前期課程修了
2017年3月新潟大学大学院現代社会文化博士後期課程修了
【職歴】
1981年日本工業新聞社入社
1983年新潟テレビ21入社、県警キャップ、県政キャップ、報道デスク、報道部長、放送番組審議会事務局長、コンプライアンス推進部長、2011年8月退職
【教員歴】
新潟大学人文学部(メディア・表現文化実習)非常勤講師
明星大学人文学部人間社会学科(2年地域メディア論、メディアリテラシー・3年災害社会学、災害情報論)非常勤講師
新潟大学創生学部教育サポーターズメンバー
金沢大学国際基幹教育院招へい講師 非常勤講師
所属学会 日本マス・コミュニケーション学会
社会情報学会
日本災害情報学会
日本災害復興学会
研究業績 教育実績 【著書】
2018年9月『臨時災害放送局というメディア』青弓社(単著)
2019年2月『東日本大震災100の教訓』クリエイツかもがわ(共著)
【研究論文】
2014年<地域メディア>における災害報道の機能の考察~東日本大震災を事例として~(単著)
2014年臨時災害放送局における方言の意義に関する考察(単著)
2015年社会的コミュニケーション回路分析による臨時災害放送局の概念化(単著)
2016年臨時災害放送局における災害報道の機能に関する考察~宮城・山元町臨時災害放送局を事例として~(単著)
2017年東日本大震災における臨時災害放送局の実態研究(単著、博士論文)
2018年東日本大震災における臨時災害放送局の実態研究~方言番組を制作した福島・富岡町のおだがいさまFMを事例として~(単著)
【研究発表】
2014年「<地域>における災害報道の機能の考察~東日本大震災を事例として~」(社会情報学会東北支部)
2014年「臨時災害放送局における方言利用の意義に関する考察~福島県富岡町「おだがいさまFM」を事例として~」(社会情報学会東北支部)
2015年「社会的コミュニケーション構造における臨時災害放送局の位置づけに関する考察」(社会情報学会全国大会)
2015年「臨時災害放送局における研究視点の一考察」(社会情報学会東北支部)
2015年「3・11からメディアを考える~メディアと「被災者」の対話と協働に向けて~」(社会情報学会全国大会ワークショップにおいて討論者として登壇)
2017年「臨時災害放送局から考える地域ジャーナリズム」(日本マス・コミュニケーション学会全国大会ワークショップ問題提起者として登壇)
2019年「臨時災害放送局の可能性~熊本地震を事例に~」(社会情報学会東北支部にてシンポジウムのパネラーとして登壇)
【教育実績】
2015年初等教育研究全国大会にて著作権に関する特別ゲストティーチャー
2015年初等教育研究会新潟県大会映像制作特別ゲストティーチャー
2018年立命館大学映像学部特別講師
2018年NIE関連特別講師(関根学園にて「メディアリテラシーとは」)
2018年NIE関連特別講師(関根学園にてCMにおけるコミュニケーション構造に関する考察について)
2018年NIE研究発表特別講師(関根学園にての研究発表大会の特別講師)
2017年金沢大学共通教育授業特別講師(マス・メディアで現代を読み解く)
2018年金沢大学共通教育授業特別講師(災害とジャーナリズム)
社会的活動 【雑誌執筆】
2007年「現場が教えてくれたもの」(単著)月刊民放
2009年「ローカル発 気を掘り起こし、気を伝える」(単著)月刊民放
【新聞執筆】
2018年「カーリングたのしそうだねー」(新潟日報OTONAプラス)
2018年「わくわくドキドキ一人暮らし」(新潟日報OTONAプラス)
2018年「日本酒学」の世界をのぞいて(新潟日報OTONAプラス)

TOP