教員紹介

観光経営学部

近藤 政幸
Masayuki Kondou

教授

専門分野:着地型観光、観光地経営、地域ブランド

 
担当授業科目(演習を除く) 地域とビジネスⅠ・Ⅱ、まちづくり論、地域とイベント(MICE)、観光と開発(インバウンド)
学位(授与大学) 修士(都市政策)(大阪市立大学)
主たる経歴 近畿日本ツーリスト株式会社 入社(1974年4月)
近畿日本ツーリスト株式会社 海外旅行課長(1993年7月~1996年12月)
近畿日本ツーリスト株式会社 支店長・営業本部部長(1997年1月~2002年12月)
近畿日本鉄道中国旅行社(ケイ・アイ・イー・チャイナ)に出向(2003年1月~2004年3月)
近畿日本ツーリスト株式会社 海外仕入部長(2004年4月~2010年3月)
公益財団法人わかやま産業振興財団・観光産業プロジェクトマネージャー 農商工連携指導員(2007年7月~2013年3月)
わかやま旅企画・大阪事務所長(2013年4月~~2017年3月)
所属学会 日本観光研究学会、イベント学会、日本フードツーリズム学会、企業経営学会
保有資格 総合旅行業務取扱主任者、公益財団法人日本余暇文化振興会、余暇ナビゲーター、イベント検定
研究業績 教育実績 【論文】
1.「関西における食と観光の関係性と競争優位性」『観光研究』日本観光研究学会(2014年)(共著)
2.「着地型観光が持続可能性を獲得する経営的条件―着地型観光組織のバリューチェーンと発地戦略―」『大阪市立大学大学院創造都市研究科都市政策専攻紀要』(2014年)
3.「地域振興に資する持続経営可能な着地型観光組織の分類論」『日本観光研究学会全国大会論文集』(2014年)
4.「高野・熊野の古道弁当と地域振興」『日本観光研究学会全国大会論文集』(2012年)
5.「簡易宿所による伝統産業地区の再生」『日本観光研究学会全国大会』(2018年)
6.「和食ガストロノミーによる訪日旅客を地方誘致する視点」『日本観光研究学会全国大会』(2017年)
7.「街道観光と食の地域づくりー125年ぶりに復活した古座街道」『日本観光研究学会全国大会』(2016年)
8.「着地型観光組織と価値連鎖の考察」『日本観光研究学会全国大会』(2015年)
【著書】
1.「着地型観光の経営的条件」単著、大阪公立大学共同出版会(2018年)
2.「これでわかる!着地型観光」共著、学芸出版社(2008年)他
社会的活動 【活動実績】
和歌山県日高広域観光協議会委員(2008年4月~2013年3月)
和歌山県観光条例策定委員会委員(2008年9月~2009年3月)
日本観光研究学会フードツーリズム研究会会員(2009年4月~)
和歌山県中小企業団体中央会・農商工連携事業インストラクター(2011年7月~2012年3月)
【受賞実績】
一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構 オーライ!ニッポン審査委員会長賞(2008年10月)
一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構 グリーンツーリズムコンテスト2010特別賞(2010年2月)
一般財団法人都市農山漁村交流活性化機構 グリーンツーリズム大賞優秀賞(2010年10月)
全国旅行業協会全国大会・第4回「地球大賞」特別賞(着地型観光商品部門)(2014年2月)
出張講義名

まちとむらを元気にする着地型観光(宝探し)

TOP