教員紹介

堀 峰生
Mineo Hori

学長

専門分野:経営史(金融史・企業家史)

 
担当授業科目(演習を除く) 金融論Ⅰ.Ⅱ 経済学の基礎
学位(授与大学) 博士(商学)(一橋大学)
主たる経歴 【学歴】
1976年 一橋大学経済学部卒業
2009年 法政大学大学院経営学研究科修士課程修了
2013年 一橋大学大学院商学研究科博士課程修了
【職歴】
日本興業銀行及び民間企業並びに一橋大学大学院商学研究科特任講師(2014年4月~2015年3月)
学習院大学経済学部経営学科非常勤講師(2015年4月~2017年3月)
所属学会 経営史学会 組織学会 企業家研究フォーラム 経営哲学学会 日本金融学会
研究業績 教育実績 【著書】
1.「財閥銀行の歴史的大型合併に関わった銀行家-万代順四郎〔三井銀行〕と加藤武男〔三菱銀行〕」 宇田川勝編『ケースブック 日本の企業家―近代産業発展の立役者たちー』有斐閣(2013年3月)
2.「社会貢献の経営思想とその実践-米山梅吉の思想と活動―」 長谷川直哉編『企業家活動でたどるサステイナブル経営史―CSR経営の先駆者に学ぶー』文真堂(2016年3月)
3.「石油燃焼技術を主軸とした多角化戦略 -内田鐵衛(内田製作所→コロナ)-」長谷川直哉編著『企業家に学ぶESG経営 -不連続な社会を生き抜く経営構想力-』文真堂(2019年3月)
【研究論文】
1.「財閥の転向」と万代順四郎 一橋大学(博士論文)(2013年7月)
2.米山梅吉の経営思想-三井信託創業時における米山の経営構想を中心にー 経営哲学第11巻2号(査読付き論文)(2014年8月)
3.池田成彬の経営観と三井「改革」 企業家研究第13号(査読付き論文)(2016年7月)
4.「日本のロータリー・クラブ誕生と米山梅吉の思想」公益財団法人大倉精神文化研究所『大倉山論集』第65輯(2019年3月)
【ワーキングペーパー】
1.「オーラルヒストリー手法による日本興業銀行の研究-川崎悦道氏ー」南山大学経営研究センター・ワーキングペーパー(2017年6月)
2.「オーラルヒストリー手法による日本興業銀行の研究-蓑田秀策氏ー」南山大学経営研究センター・ワーキングペーパー(2018年1月)
3.「オーラルヒストリー手法による日本興業銀行の研究-成川哲夫氏ー」南山大学経営研究センター・ワーキングペーパー(2018年2月)
【口頭発表】
1.帝国銀行の設立と終焉-万代順四郎の思想とその形成過程(2011年10月)第47回経営史学会全国大会(九州大学)自由論題報告
2.万代順四郎が志向した銀行経営(2011年11月)日本金融学会歴史部会(日本大学)一般報告
3.「財閥の転向」と純内部昇進型経営者の誕生(2013年5月)経営史学会関東部会(成城大学)一般報告
4.「財閥の転向」再考(2013年10月)第49回経営史学会全国大会(龍谷大学)自由論題
5.池田成彬の経営観と三井「改革」の実相(2015年7月)企業家研究フォーラム2015年度年次大会(大阪大学中之島センター)自由論題
【その他】
「米山梅吉と万代順四郎の青年時代-三井銀行時代の二人の関係」(2014年8月)米山梅吉記念館 館報Vol.24
社会的活動 【公的機関・地方公共団体等における活動】
講義:「銀行論」『金融イノベーション論』(2012年成城大学・社会イノベーション学部)
講義:「銀行業務について」『金融イノベーション論』(2013年成城大学・社会イノベーション学部)
講演:「ロータリー・クラブの創始者・米山梅吉(三井報恩会)」(2014年法政大学イノベーション・マネジメント研究センター公開講座) 「燃焼技術を基盤とした多角化を考える・内田鐵衛(内田製作所→コロナ)」(2016年法政大学イノベーション・マネジメント研究センター公開講座)
講義:「キャリアで語る興銀史」『経営史』(2014年東洋大学・経営学部)
講義:「信託業務について」『金融イノベーション論』(2015年成城大学・社会イノベーション学部)
講演:セミナー「経営者のための新卒採用必勝法」(2015年多摩信用金庫法人総合サービスBOB事務局)
講演:セミナー「日本のロータリー・クラブ誕生と米山梅吉の思想」(2018年6月大倉山記念館ホール)

TOP