教員紹介

経営情報学部

伊部 泰弘
Yasuhiro Ibe

教授

専門分野:経営学、マーケティング論、ブランド論

 
担当授業科目(演習を除く) 経営学総論Ⅰ、経営戦略論Ⅰ・Ⅱ、マーケティング論Ⅱ(戦略)、販売と経営Ⅲ・Ⅳ、経営情報Ⅰ(ストラテジ)、秘書概論
学位(授与大学) 博士(経営学)(龍谷大学)
本学着任後の経歴 2007年10月 准教授
2013年10月 教授
主たる経歴 【学歴】
2006年 龍谷大学大学院経営学研究科経営学専攻博士後期課程修了
【職歴】
龍谷大学非常勤講師、敦賀短期大学職員・非常勤講師を経て現職
所属学会 日本商業学会、日本広告学会、日本商品学会、実践経営学会 日本企業経営学会、日本消費経済学会、日本消費者教育学会 日本商業教育学会、日本マネジメント学会、日本産業経済学会
研究業績 教育実績 【著書】
(共著)
1.松井温文編著『マーケティングの理論・新展開』五絃舎、2019年
2.宮坂純一・水野清文編著『現代経営学』五絃舎、2017年
3. 田中道雄・テイラー雅子・和田聡子編著『シティプロモーション:地域創生とまちづくり』同文舘出版、2017年
4.伊部泰弘編著『北陸に学ぶマーケティング』五絃舎、2017年
5.稲田賢次・伊部泰弘・名渕浩史・吉村泰志著『経営戦略論を学ぶ』創成社、2015年
【論文】
(共著)
1.藪下保弘、伊部泰弘、高橋祐実、兼田有梨「新潟県の地域おこし協力隊制度の現状と課題」新潟経営大学地域活性化研究所『地域活性化ジャーナル』第24号、2018年3月、pp.23-37.
(単著)
1.「地域企業のブランディング手法に関する一考察 : 燕三条地域における刃物メーカーの事例研究」『龍谷大学経営学論集』 第56巻第1号、2016年10月、pp.1-13.
2.「老舗ブランドの競争戦略に関する一考察―宝酒造「松竹梅」の事例研究」『企業経営研究』第18号、2015年5月、pp.1-15.
【口頭発表】
1.「地域企業における地域ブランディングとの関わりに関する一考察 ―新潟県燕三条地域の刃物企業の事例を中心として―」日本企業経営学会第15回全国大会、2017年8月
2.「産学連携による製品戦略に関する一考察―銘菓企業と大学ゼミナールにおける取組を中心として―」日本企業経営学会第51回研究部会、2016年5月。
3.「地域企業における地域ブランド活用法に関する一考察―燕三条の事例を中心に―」日本企業経営学会第49回研究部会、2015年12月
社会的活動 【まちづくり活動】
1.「田上町道の駅にぎわい創出組合」顧問(2015年10月~)
2.「地域活性化団体まちみち」の一員として、地域活性化のための様々な取り組みを学生とともに行っている。
【新潟県産業雇用創出プロジェクト】
1.小型モビリティを使った関連産業創出事業における社会実験を企業・自治体・本学教員・学生とともに実施(2016年2月~3月)
出張講義名

かっこいい&可愛いの具体化マーケティング

TOP