トピックス

【加茂ヒマワリスプロジェクト2015】産学連携による焼き菓子作りに挑戦! (2015.10.20)

 加茂ヒマワリスプロジェクトでは、このほど加茂を代表する銘菓「かりんとう饅頭 鬼の金棒」などを製造販売する菓房処京家さんと産学連携による焼き菓子作りに挑戦しました。
 加茂ヒマワリスプロジェクトのモチーフであるヒマワリの花や種、リスをイメージし、クッキー、フィナンシェ、マドレーヌの3種類の焼き菓子を学生たちが企画提案し、京家代表取締役の中林様と議論を重ねながら作っていきました。また、パッケージに貼るシールも学生たちが図案化したものになっています。
 クッキーは、プレーン味とココア味で生地の中にヒマワリの種を練りこんだものとなっています。フィナンシェは、真ん中にヒマワリをイメージしたオレンジを輪切りにしたものが入っています。マドレーヌは、抹茶味とほうじ茶味で表面にヒマワリの種が散りばめられたものとなっています。
 発売は、10月24日(土)、25日(日)に開催される経大祭での模擬店「ビストロヒマワリ」と「ヒマワリカフェ」にて同時に販売します。その後、菓房処京家さんの店舗でも販売していただく予定です。
 本商品が、加茂ヒマワリスプロジェクトをPRする品としてだけでなく、加茂のお土産に加えていただけたらと思っています。ぜひ、ご賞味あれ!

文・写真 伊部 泰弘

151020_1  151020_2

TOP