SNS ソーシャルネット

ソーシャルネットで新潟経営大学体操競技部とつながろう

主な大会実績

全日本学生体操競技選手権大会2部団体総合選手権
【団体選手権】
優勝:1回(2015)
準優勝:2回(2013,2014)
【個人総合入賞者】
3位:橋川 和馬(2014)
【種目別優勝者】
ゆか:
あん馬:
つり輪:染谷 誠(2014)、山川 隼也(2015)、島 風之(2017)
跳馬:常世田 泰宏(2014)
平行棒:小堺 健也(2018)
鉄棒:高田 翔平(2015)
全日本学生体操競技選手権大会1部団体総合選手権
2016出場 [団体・個人総合出場選手] 橋川 和真、和田 一弥、木村 勇雅、斉藤 孝史、佐藤 誠浩、織田 進太朗、島 風之、三浦 亮汰

主な選手実績

国体選抜
第69回国民大会新潟県体操成年男子代表 [常世田 泰宏、鈴木 大志]
第69回国民大会栃木県体操成年男子代表 [岩崎 峻大、古口 綜亮、松永 和也]
第69回国民大会愛媛県体操成年男子代表 [和田 一輝、宮川 康輝]
第69回国民大会福島県体操成年男子代表 [佐藤 雄太]
第69回国民大会山形県体操成年男子代表 [斉藤 孝史]
第70回国民大会新潟県体操成年男子代表 [石井 健一、宮崎 優強、橋川 和真、島 風之]
第70回国民大会愛媛県体操成年男子代表 [宮川 康輝、和田 一弥]
第71回国民大会北海道体操成年男子代表 [三浦 亮汰]
第72回国民大会北海道体操成年男子代表 [三浦 亮汰]
第72回国民大会宮城体操成年男子代表 [佐藤 誠浩]
第73回国民大会北海道体操成年男子代表 [三浦 亮汰]
第74回国民大会北海道体操成年男子代表 [中川 佳祐]
第74回国民大会新潟体操成年男子代表 [池田 斗南、大下 克哉、織田 進太郎、小堺 健也]
国際大会
LONDON OPEN 2019 [個人総合] 優勝:小堺 健也、3位:織田 進太郎、6位:石原 司貴 [種目別] 跳馬3位:小堺 健也

監督メッセージ

監督森 赳人

体操はいつ、いかなる時も動じず、安定した演技が求められ、そのために必要となってくる力は「応用力」と考えます。
「応用」に密接に関係してくるのが「基礎」です。
基礎力の体得こそが競技力上達のキーだと私は考えます。
そして社会に出た時にも同じことが言えます。私は体操競技を通じて学生達に「基礎の大切さ」を理解させ、今後の人生の糧としてもらいたく日々指導をおこなっています。

COACH'S PLOFILE

国際大会:2005年ユニバーシアード大会(イズミル)団体総合優勝 2006年環太平洋選手権大会団体総合優勝・平行棒2位、世界選手権(デンマーク)団体総合3位・平行棒7位・鉄棒6位
国内大会:2004年全日本選手権跳馬優勝 2006年全日本選手権団体総合優勝・平行棒優勝 2007年全日本社会人大会団体総合・跳馬優勝 2006、2007、2009全日本ナショナル強化指定選手
指導歴:2013-2015 コナミスポーツクラブ 運動塾インストラクター2015-2017 South Essex Gymnastic Club アシスタントコーチ 2017/9~新潟経営大学体育競技部監督就任