教育理念と学び

新潟経営大学の学びについて

新潟経営大学は、経営情報学部・観光経営学部を有する4年制大学です。

新潟経営大学の「経営」とは何でしょう? それは、ヒト・モノ・カネ・情報をもとに組織をつくり人と社会に喜ばれる価値を創り続ける営みです。企業・スポーツ・教育・観光、人と組織のあるところすべて「経営」が支えています。

本学では、基本的な経営学を学びのベースとし、日々の暮らしに密接な「企業活動」に「経営」「会計」「情報」「英語」「起業家」「経済・法律」と多彩なコースからアプローチして人材を育成する「経営情報学科」と、スポーツに「経営」の視点を反映しスポーツをマネジメントできる人材を育成する「スポーツマネジメント学科」、観光の専門的な知識を身につけることにより多角的な視野から地域の発展に貢献できる人材を育成する「観光経営学科」で構成されています。

新潟経営大学では、県央を中心とした地域社会と密接に関わり、様々な実践を通して、机上の理論だけでは学ぶことのできない「生きた経営感覚」「ここでしかできない本物の学び」を吸収できます。本学はより密接な実践を繰り返すことができるよう少人数教育の体制をとっており、それが学生一人ひとりの学びに反映されています。




チャート図

新潟経営大学の理念

新潟経営大学は、21世紀を力強く生き抜く、しなやかな個性を育てることを目指して教育事業に取り組んでいます。学生の一人ひとりが主人公となって活躍できる場を自ら見出し、創造の喜びを経験し、社会に認められる人となる充実感を味わえるように支援することが本学の教育機関としての使命です。この使命を達成するために、次の三つの教育目標を表明します。

  • (1) 知育・徳育をトータルに行う全人教育の復活
  • (2) 自然・生命に対する敬意を基盤とした倫理性の涵養
  • (3) 自分自身の活躍の場を創出できる活力ある人材の輩出

新潟経営大学は、以上の目標に向けてカリキュラムおよび指導方法を体系化し、一人の学生を大勢の教員で支援し、育てる教育の場とすることを地域に誓約いたします。

教育方針

アドミッションポリシー(受入方針)
(1)学術に対して強い意欲と知的関心を持っている人
(2)本学での学びに強い意識と意欲を持った人
(3)改革的な意識と学生生活に対する意欲を持った人
(4)様々な分野の意欲を持った人
(5)健全な体力と精神を持った人

経営情報学部 経営情報学科 アドミッションポリシー
経営情報学科の求める人材
  • 流通・マーケティング・法務などの専門知識を生かし、将来企業経営の中心的人物となり、または起業家として活躍しようとする人
  • 会計・情報の高度な資格に挑戦し、将来プロフェッショナルとして活躍しようとする人
  • 英語を始めとする外国語を習得し、将来国際社会で活躍しようとする人
  • 深い教養と教育への情熱を持った教員として将来活躍しようとする人
高校で履修すべき科目
本学科は大学での学びの基礎となる国語・英語について基礎的な学習範囲を一通り習得していることが求められる。
選抜の視点

【面接試験】

本学の求める人材像に合致しているか、本学での入学後の目標をしっかり定めているか、学業・課外活動など意義ある高校生活を送ることができたかどうかという視点に基づいて、総合的に評価する。

【学力・小論文試験】

高等学校までの学習内容について、基礎的・基本的事項が定着しているか、という視点で評価する。

経営情報学部 スポーツマネジメント学科 アドミッションポリシー
スポーツマネジメント学科の求める人材
  • スポーツの発展に寄与しようとする人
  • スポーツによる地域の活性化や人々の健康づくりに貢献しようとする人
  • スポーツビジネスの分野において創造的な事業を開拓しようとする人
  • スポーツを通じて豊かな生活を築こうと努力する人
高校で履修すべき科目
各高校で定められた科目について真摯に学習した経験を有し、基礎的・基本的学力が定着していることが求められる。
選抜の視点

【面接試験】

本学の求める人材像に合致し、目標をもった高校生活を送り、学業及び課外活動において一定の成果を成し遂げたか、大学入学後の目標を明確に定めているか、大学での学びにどのような希望を持っているかについて総合的に評価する。

【学力・小論文試験】

高等学校までの学習内容について、基礎的・基本的事項が定着しているか、という視点で評価する。

観光経営学部 観光経営学科 アドミッションポリシー
観光経営学科の求める人材
  • 観光を通じた地域の活性化やまちづくりに興味・関心が高く地域社会のために活躍したい人
  • ホスピタリティ精神が旺盛で旅行、宿泊、交通、ブライダル、各種レジャー施設等観光産業に興味がある人
  • 英語をはじめとして外国語に興味があり、これらを活かし観光産業や各界で活躍しようとする人
  • 観光を通じて経営、経済、マーケティング、会計、一般教養など幅広い知見とコミュニケーション能力を身に着けたい人
  • 観光を学びこれらを通じて自治体職員あるいは教育界において活躍したい人
  • 地域産業とりわけ農業や食に興味・関心が高く広く当該産業界で活躍したい人
  • 経験豊かな社会人の学びの場を設定し、条件を整え選抜を行う
高校で履修すべき科目
各高校で定められた科目について基礎的な学習範囲を一通り習得していることが求められる。特に、本学部では外国語教育及びコミュニケーション教育にも力点が置かれているため、英語と国語についての真摯な学習経験が必要とされる。
選抜の視点

【面接試験】

本学の求める人材像に合致しているか、意義ある高校生活を送ることができたか、地域活性化をどのような視点でとらえているかを総合的に評価する。

【学力・小論文試験】

高等学校までの学習内容について、基礎的・基本的事項が定着しているか、という視点で評価する。

カリキュラムポリシー(教育方針)
経営情報学部
(1)経営情報学科

経営情報学科では、学生自身の興味・関心・得意分野を活かして進むべき道を発見しやすくするために、経営、会計、情報、英語、経済・法律、起業家の6つのコースを設置し、経営を多面的・体系的に修得できるカリキュラムを組んでいます。また、本学科では教職課程を設置し、高等学校一種(商業・情報)の教員免許の取得が可能です。

また、2021年からカリキュラムポリシーが変更になりました。コチラをご覧ください

経営コースでは、経営学の基本科目を中心に学び、企業経営の中心となるあるいは支援できる人材を育てます。

会計コースでは、簿記や会計学の基本科目を中心に学び、企業の財務・会計に関わる人材を育てます。

情報コースでは、情報科目を中心に学び、企業の情報化について高度な知識を持つ人材を育てます。

英語コースでは、ビジネスのグローバル化に対応して英語に強いビジネスパーソンを育てます。

経済・法律コースでは、経済学や法律に関する科目を中心に学び、経済や法律に強いビジネスパーソンを育てます。

起業家コースでは、起業に関する科目を中心に学び、起業できる人材を育てます。

このように本学科では、現代の競争社会において「生きる力」を養い、将来企業全体を捉えて経営を展開できる経営者意識を持った人材を育成していきます。

経営コース

経営コースは、昨今のような複雑化する経済社会によりダイナミックに変化する経営組織体についての理論と実践を体系的に修得することで企業経営の中心となる人材育成を目指しています。

コース必修科目として、「経営学総論」を設置し、経営学を多面的、総合的に捉えることで経営の基礎知識を身につけます。

コース選択科目として、「企業論」、「マーケティング」、「流通論」、「多国籍企業論」などを設置し、経営学における各論や経営に関する法律を中心に学ぶことで、より高度で多様な経営知識を身につけます。また、経営に関する検定試験に直結した科目として「販売と経営」を設置し、企業経営における実践的知識を修得します。

このように、経営についての知識を多面的・段階的に捉えて修得することで経営者意識を持った人材を育成するとともに、競争社会を生き抜く力を養います。

会計コース

会計コースは、会計知識に精通した企業経営の中核となる人材を育成することを目標とするほか、税理士・公認会計士などの会計専門職の養成、会計大学院の進学などを目指しています。

学科共通必修科目である「簿記会計」にとどまらず、コース必修科目として「財務会計論」を設置することにより、国際財務報告基準(IFRS)導入により今後重要性がますます増加する会計理論を身につけます。また、コース選択科目として「コンピュータ会計」を設けることにより、会計のIT化にも十分対応しています。

さらに、税理士・公認会計士などの会計専門職を目指す者に対しては、その登竜門となる日商簿記1級・全経簿記上級レベルに対応した「簿記特講」を選択科目として設けるとともに、課外指導を行う簿記学習センターを設置することにより、会計のプロとなる人材を養成しています。

情報コース
AI・IoTなどの技術革新によるSociety5.0においては、その社会変化のスピードは速く、具体的にどのように変わっていくのかを予測することは困難です。しかしながら、このような状況においても基礎的素養に位置付けられるスキルは存在します。次世代に求められる素養といえども、現存するスキルと全く無関係ではありません。例えば、AIは情報科学の産物であり、その実装は情報技術で実現されています。
情報コースは、上述した情報技術を用いる職種の一つであるシステムエンジニア・プログラマの育成を目指しています。その職能を身に付けるために「情報化リーダ」、「システム設計論」、「システム開発論」、「プログラミング」などを設置し、Society5.0を生き抜く力の素地も同時に涵養します。
また、初年次教育では、コンピュータを仕事にいかすために「コンピュータリテラシー」、「情報リテラシー」などの基礎的スキルを習得するための科目を配置しています。
英語コース
経営情報学部の学生特有のニーズや興味関心に対応したきめ紬かな指導で、実社会で求められる実用的な英語力を身につけます。コース選択必修科目には「ビジネスイングリッシュ」、「異文化コミュニケーション」、「オーラルイングリッシュ」などを設置し、国際社会で役立つ英語運用能力の涵養を目指します。コース選択科目として「ディベート」、「通訳・翻訳演習」などを設置し英語で交渉する力、英文を読み書きできる力を備えた、ビジネスの世界で即戦力となりうる人材を育てます。また、「英語総合演習」では、英語関連の資格試験対策を行い、実践的能力の獲得を目指します。「海外英語実習」では、アメリカ合衆国での英語研修を行い、現地の教育施設での英語レッスン・見学を通して国際感覚を身につけます。英語教職課程においては、中学校・高校および、その他の教育機関での英語指導者の育成を行います。
経済・法律コース
経済・法律コースは、社会の推移を予測して、社会で活躍できる人材を育成することを目標としています。
社会の基盤及び枠組みは、経済と法律です。そのため、社会で活躍できる優秀なビジネスマンを育成するには、経済と法律の知識を涵養することが不可欠です。
経済と法律を中核に据えた本コースを履修することは、クリティカルな思考力の育成になり、問題解決力や応用展開力などが養成されます。
起業家コース
起業家コースは、卒業後や在学時に起業をし、企業経営者として地域あるいは経済社会に貢献できる人材の育成を目標としています。このため、本コースにおいては「起業基礎」、「起業応用」といった起業に関する科目を必修とし、コース選択必須科目として「財務会計」、「ビジネスプランニング」、「アントレプレナー論」、「経営戦略論」等を設置し、広く経営全般についても学びます。
優れた企業業績をあげるには厳しい経営環境の中では容易なものではありません。しかしながら、成功させるためにはマネジメントを基礎から学び、ケーススタディや実践を通してセンスを磨くことにより、その目的を果たすことが可能です。

(2)スポーツマネジメント学科

スポーツマネジメント学科では、スポーツに関連する幅広い知識と技術を学び、教育、研究、社会とあらゆるフィールドで活躍できる人材の育成を目標とし、下記のような教育課程を編成します。

1. 多面的で系統的なカリキュラム・・・本学科のカリキュラムは、スポーツマネジメント分野を中心とし、健康スポーツ分野やスポーツ指導分野などスポーツに関連する幅広い分野の科目で構成されており、個人の興味に応じた科目を自由に選択することが可能となっています。

2. 地域や企業と連携した実践的なカリキュラム・・・講義で学んだ理論を様々な実践を通じてより深く身につけるために、地域行政や企業と連携したインターンシップや学外活動が可能な実践的なカリキュラムとなっています。

 

3. 徹底した少人数教育・・・個性を伸ばす教育を理念とし、徹底した少人数教育を実践しています。学生が自分の目標、興味に応じた学習ができるように最適な環境を提供しています。

 

4. 充実した資格取得のサポート制度・・・本学科では、目本トレーニング指導者協会(JATI)および全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA)の認定資格者(JATI-ATI※1、CSCS※2)を育成する教育プログラムの認定を受けており、優先的に受験できるだけでなく、資格取得のためのサポート制度も充実しています。

※1トレーニング指導者協会認定トレーニング指導者

※2ストレングス&コンディショニングスペシャリスト

 

観光経営学部(カリキュラムポリシー)
観光経営学科

「学生の変化」、「社会環境の変化」、「学問の変化」を敏感に察知し、机上の学習のみならず、「理論」「体験」「気づき」の構成要素を適宜「累進・平行・螺旋」の形に循環しながら深い学びが定着するようカリキュラムを編成します。

初年次教育

1.初年次教育を「学びの転換」としてとらえ、「主体的、対話的かつ深い学び」を基礎として「学びのリテラシー」を涵養します。「アカデミック・リテラシー」、「観光データ・サイエンス」など大学生の必携スキルを修得するとともに、身の回りに内在する課題を発見し解決に導く能力を、少人数で自由かつ活発に討論できる演習科目をとおして身につけます。

2.専攻科目(専門科目)においては、初年次には「ビジネス」「英語」「一般教養」の分類から基礎知識の習得を図るほか、「観光経営入門」、「地域と観光」「SDGs」「国際コミュニケーション」などの時宜を得たテーマを取り扱う科目をとおして学びの端緒を開きます。

 

学部教育

3.2年次から4年次までに専攻科目、フィールドワーク、プロジェクトをとおして、「汎用性能力(コミュニケーション能力、課題発見力・課題解決力)」の獲得と「態度・志向性(主体性、チームワーク、リーダシップ、ストレス耐性、異文化適応力)の涵養」を目指します。

4.さらに専攻科目は、「観光地域領域」「旅行産業領域」「グローバルマインド領域」の3領域に「実習」を加えて学びの基盤体系を構成します。

5.「観光地域領域」では、「ニューツーリズム」、「インバウンド」に代表される昨今の話題を積極的に取り扱い、「食と農」「観光まちづくり」「都市開発」などの領野からアプローチします。

6.「旅行産業領域」では、「旅行業法」、「旅行実務」、「観光地理」をはじめとする当該分野の国家資格取得に関連する科目を配置するほか、ホテル・宿泊、ホスピタリティなどの業界を志す学生をサポートします。

7.「グローバルマインド領域」では、観光関連分野の英語習得を特色とする「ESP(English for Specific Purposes)」として、学生の興味や関心事を活用し、モチベーションを高めつつ、丁寧にサポートし、初級(1年次)、中級(2年次)、上級(3年次)へと運用能力を高めていきます。

8.グローバル化に対応した言語運用能力を身につけるため、外国語関連の科目では英語のほか中国語、ロシア語、韓国語を履修します。すべての言語科目では、異文化理解はもとより、国際社会の一員としてのアイデンティティを醸成します。

9.英語教育においては「聞く」「話す」「読む」「書く」力を効果的に身につけるため、これら4技能を1科目に集約します。「ジェネラル・イングリッシュ(1年次)」、「コミュニカティブ・イングリッシュ(2年次)」、「アドバンスト・イングリッシュ(3年次)」とし、学生各自の適性に配慮したクラス分けを行い、少人数で開講します。運用能力の流暢さを高めるため、授業内外にて効果的なサポートをします。

 

課題授業

10.加えて、本学の特色ある学びを代表する「経営学実地研究」や「イニシアチブ・プロジェクト」では、実社会との交流をとおした調査・研究にはじまり、参加者が共に考え、意見を交わし見出した成果の報告・発表など、一連の活動をとおしてコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力を身につけます。

11.海外協定校への留学を積極的にサポートして、留学前の少人数/個別指導において規定の時間を学習し留学を終えた学生には科目単位を認定します。さらに、協定校への留学期間中に留学先の大学で学んだ時間と科目の内容に応じて専攻科目と整合的な科目を卒業要件科目として単位認定するなど、長期留学により学生に休学・卒業延期など不利益を被らないように配慮しています。

 

ディプロマポリシー(学位授与方針)

新潟経営大学の学士課程を修了し、21世紀を生きる人材として保証する最低限の基本的な項目は次のとおりです。

(1)経営情報学科

    1. 超スマート社会に求められる情報学と経営学を融合した能力を修得している。
    2. グローバルに活躍できるビジネスパーソンとしての能力を修得している。
    3. 地域経済の中核をなす人材としての能力を修得している。
    4. 経営・会計・情報・英語などの専門ビジネス分野における実務実践能力を有している。

 

(2)スポーツマネジメント学科

    • スポーツのトレーニングからコーチングまでの理論を理解している。
    • 地域の健康と福祉を担うためのパブリックマネジメントを修得している。
    • 多様なスポーツ関連分野で活躍するための経営知識を有している。

 

(3)観光経営学科

教育研究上の基本目的に照らし、次に掲げる「1.知識・理解」「2.汎用的技能」「3.態度・志向性」を総合力で活用し、社会に内在する課題を見出すとともに、自らもしくは多様な他者との協働をとおしてその解決を導き、持続可能な地域の発展をけん引する中核人材の卵に学位を授与します。

1.知識・理解

文理融合人材として、学際的な教養と自らの専攻分野を有機的に関連づけて活用できる

2.汎用的技能
(1)コミュニケーション・スキル
 日本語と英語もしくは他言語による対話技能を修得している
(2)数量的スキル
 自然と社会の事象を「客観的」「定量的」に理解できる分析技能を修得している
(3)情報リテラシー
 「Society5.0/Industry4.0」がもたらす「新たな知識創造社会」において、当該社会の倫理観を有し、多角的に情報を収集し解析できる情報技能を修得している
(4)論理的思考力
 既成観念にとらわれない批判的かつ多角的な視点を持ち、論理的に意思決定できる最適化技能を修得している
(5)問題解決能力
 自らもしくは他者との協働をとおして課題を発見し、解決に向けて情報を収集・整理・分析してその問題のソリューションを導き出す技能を修得している
3.態度・志向性
(1)自己管理力
 自らを律し、未来志向の発想で自己の様々な活動を計画できる
(2)チームワーク・リーダーシップ
 協調性に富み、他者と方向性を共有する意識と、目標の達成を率先して活動できる
(3)倫理観
 社会規範かつ自己の良心にもとづき行動できる
(4)社会的責任を果たす能力
 社会の一員としての義務を果たすとともに、適正な権利を主張できる
(5)生涯学習能力
 一生を通じて知的欲求を絶やすことなく、自らが進んで学習できる

建学について

新潟経営大学は、高等教育の機会均等を求める地域住民の強い要望により、平成6年(1994年)4月、教育環境に優れた新潟県加茂市に開学しました。経営情報学を教授する4年制の大学です。

加茂市における私学教育の歴史は古く、大正9年(1920年)勤労青年の教育を目的とする加茂朝学校が始められ、昭和12年専門学校入学者無試験検定指定校に、ついで戦後昭和23年には新制高等学校となり、加茂暁星高等学校、新潟中央短期大学、新潟中央福祉専門学校を擁する加茂暁星学園として発展しました。

さらに、高等教育に対する進学熱の向上に伴い地元住民の新大学設立の要望が高まり、平成3年2月に県央広域市町村および隣接地域の自治体とその住民代表による大学設立期成同盟会が設立され、県および県央18市町村会議の決議を経て、加茂暁星学園を母体とした公私協力方式による新大学設立を文部省に申請、多くの人々の努力によって、平成5年12月本大学の正式認可を受け、現在に至ります。

加茂朝学校開学の精神を引き継ぎ、意欲と能力をもった一人でも多くの人に大学進学の機会を与えるとともに、県および県央18市町村の支援を受けて設立された公私協力方式の大学であることを踏まえ、地域に貢献する人物育成を目的としています。

シンボルマークの由来

新潟経営大学のロゴは、たまごをモチーフに描かれています。「啐啄同時(そったくどうじ)」という禅の言葉によれば、雛が内側から殻を破ろうと声をあげると同時に、親鳥が外側から殻をつつかなければ、雛はたまごから出てくることができません。このロゴには、4年間の大学生活の中で自ら殻を破り、自分の新たな可能性に出会ってほしいという学生への想いが込められています。そして、卒業後にそれぞれの目指すところへ大きく羽ばたいて行けるように、大切に学生を育てようという本学の志を掛け合わせ、すべての始まりであるたまごが割れた瞬間をシンボルとしました。たまごの青いカラーは、あらゆる世界へと広がる蒼天を表しています。

新潟経営大学のシンボルマーク

 

 

 

 

 

TOP