教員紹介

経営情報学部

関 博之
Hiroyuki Seki

教授

専門分野:運動神経生理学

 
担当授業科目(演習を除く) 身体運動の解剖と生理学、運動生理学、スポーツ心理学
学位(授与大学) 博士(医学)(東邦大学)
本学着任後の経歴 1994年 助教授
2000年 教授
2004年 学部長
2006年 学長 スポーツマネジメント学科 教授(現在に至る)
主たる経歴 東邦大学大学院医学研究科博士課程修了[博士(医学)]
東邦大学医学部医学科助手
新潟経営大学経営情報学部経営情報学科助教授
新潟経営大学経営情報学部競技スポーツマネジメント学科教授
所属学会 日本体力医学会、日本生理学会、日本臨床神経生理学会
研究業績 教育実績 【論文】
1. Relationship between surface EMG and force with skin cooling in the tibialis anterior. Health and Behavior Sciences 15(2): 61-68, 2017.
2.前腕筋および上腕筋への振動刺激が手関節と肘関節の同時運動に与える影響.体力科学 60(2): 229-237, 2011.
3. EMG activity of forearm muscles during maximal and submaximal sustained gripping contraction. Health and Behavior Sciences 9(2): 147-151, 2011.
4.手・肘関節同時伸展運動にともなう筋振動刺激および皮膚冷刺激が運動制御に及ぼす影響.Health and Behavior Sciences 9(1): 23-30, 2010.
5. Grip strength gain after submaximal isometric wrist extension training without gripping motion. Health and Behavior Sciences 8(2): 51-56, 2010.
6.筋振動刺激時の手・肘関節同時運動の制御.Health and Behavior Sciences
7(1): 19-24, 2009. 7.運動終了後の眼球圧迫および無呼吸による心拍減衰応答.体力科学57(2): 217-224, 2008.
8.高齢者に対する皮膚冷刺激を用いた軽負荷筋力トレーニングの効果.総合リハビリテーション33(4): 361-366, 2005.
9.Rapid cardiovagal reactivation after cessation of exercise in children and adults. Health and Behavior Sciences 2(1): 49-57, 2003.
10.衝撃緩衝動作時の足関節筋群の反射活動に及ぼす視覚入力の影響.体力科学51(5): 447-456, 2002.
11.皮膚冷却による皮膚温の減少速度差が運動単位の閾値張力に及ぼす影響.日本生理学雑誌60 : 341-348, 1998.
出張講義名

中枢神経系(脳と脊髄)による運動制御

TOP