トピックス

近藤先生が著書を上梓されました (2018.09.26)

2018年、日本政府による観光立国宣言が内外に発信されてから15年経過しました。

21世紀の我が国の最重要成長戦略のひとつが「インバウンド」とこれを支える「着地型観光」といわれています。「インバウンド」は確実に地方地域の「着地」に向かっています。

地域が主役の観光資源を市民が主体になって編集、観光と開発を行うプラットフォーム組織が全国に200以上誕生しています。

本書は、地域が主体の着地型観光組織が、観光地経営的視点から、持続経営に成功する組織事例を分析し、どのようなメカニズムであれば持続可能であるかをさぐることを目的として執筆しました。

世界のあらゆる国から12ヶ月連続して訪れつづけてもらう地域になるためにはどうすればいいのでしょうか。目的は地域振興、地域ブランド、コミュニテイ再生です。

観光経営学部観光経営学科 近藤 政幸

 

85698-1

TOP