トピックス

【経営戦略論Ⅱ特別講義】大正製薬×電通×TeNY×新潟経営大学学生による特別講義&グループワークを実施しました! (2014.11.18)

 11月17日(月)の2時限から4時限にかけて、大正製薬×電通×TeNY×新潟経営大学学生による特別講義&グループワークを実施しました。
 2時限の経営戦略論Ⅱの時間を使い、特別講義を行いました。司会は、“新潟一番”でおなじみのTeNYテレビ新潟アナウンサーの大平真理子様に務めていただきました。
 まず、大正製薬株式会社ブランドコミュニケーション部の西田陽子様と首藤のどか様「リポビタンDの歴史とマーケティング戦略」と題してご講演いただきました。リポビタンDのこれまでの歴史やマーケティング戦略の4P理論になぞらえながらリポビタンDの特徴を解説いただきました。ちなみにリポビタンDのDはデーだそうです。(Type DのDでドイツ語のD(デー)であり英語のD(ディ)ではないそうです。)
 次は、株式会社電通第2営業局の佐々木秀幸様による「広告プロモーション企画を考える~CM企画から学ぶ広告論~」と題してご講演いただきました。CM制作に必要な要素(ターゲット、インサイト、トーン&マナーなど)を通じて人の心を動かすことによって人が動くといったCMづくりの考え方をレクチャーしていただきました。
 午後の3・4時限を使って、伊部ゼミ(2年・3年・4年生)とマーケティング研究会のメンバーたち18名がグループワークに挑みました。大正製薬様・電通様から「若年層により共感性の高い、リポビタンDの広告(映像)表現を考えてください」といったテーマが与えられ、4つの班に分かれて、絵コンテを制作しました。“リポドン大学に行く篇”“青春篇”、“大都会篇”“大学生篇”の4つの作品を書き上げ、各班発表したのち、大正製薬西田様と電通佐々木様より講評いただきました。「リポドンといった擬人化手法が良い」「大学生の生活パターンを3つに分けて表現しているところが良い」「もう少し絵を丁寧に書いた方がより受け手に分かりやすい」などといった意見をいただきました。
 これらの意見を踏まえて、絵コンテをさらにブラッシュアップし、来月中には、学生食堂にて絵コンテを展示し、どの絵コンテが優れているかを学生たちに投票してもらったり、“リポD”のサンプリングを行う予定です。
 なお、本特別講義&グループワークの様子は、12月1日(月)24:54からの「Oh!すすめTeNY」で放送されますので是非ご覧ください。

文・写真 伊部 泰弘

141117_1  141117_2

141117_3  141117_4

141117_5

TOP