トピックス

  • 新着情報

インターンシップ・地域活動フォーラムに本学の2組が発表! (2020.02.26)

2月18日(火)、新潟国際情報大学 みずきのキャンパス(新潟市)にて、「インターンシップ・地域活動フォーラム」が開催され、本学からは学生10名、教職員4名が参加しました。今回のフォーラムには、県内の企業・行政関係者・大学関係者・大学生合わせて約170名が集まりました。

このフォーラムは、学生が、企業でのインターンシップや地域活性化活動を通して社会に出ることで、自身や受け入れ企業、受け入れ地域に生まれる変化を発表し、お互いの視点から議論し合うものです。今年度は、テーマの異なる5つの分科会で活動発表やワークショップを通してそれぞれの期待やできる事を把握し、継続可能な連携を進めて行くことを目的に開催されました。

「分科会2:活動を通した教育効果向上の工夫」では、観光経営学部3年の田中李奈さんが「卓上で得た学説の検証と将来を見据えた自己理解」として夏休みのインターンシップで得た経験を発表しながら担当した本学教員のバロリ・ブレンディ先生が教育効果について説明しました。また、「分科会4:地域の課題解決」では、経営学実施研究の「胎内リゾート活性化プロジェクト~2年目の試練~」と題して継続するプロジェクトを代表し観光経営学部2年の立澤海音さんと同学部1年の北 美空さんが発表しました。

参加した学生から「学校以外での客観的なアドバイスを頂き良かった。」「昨年参加したフォーラムから他大学との連携ができ、イベントに参加することができた。発表以外でも様々なことで発展できたので良い機会だと思う。」と他大学や企業との交流が学生生活にも良い経験値となっていました。今回、参加した1,2年生も刺激を受け意欲的になれたフォーラムでした。

 

TOP