トピックス

横山ゼミ卒論研究発表会が行われました! (2014.02.12)

2月12日(水)、平成25年度横山ゼミ卒論発表会が行われました。教員や3年次生が出席するなか、4年次生は大学での勉強の成果、これまで取り組んで来た研究の集大成を発表しました。
緊張した雰囲気のなか横山ゼミの学生たちは大学生活における勉強・研究の成果を発表していきました。
“防災情報と情報リテラシー”を研究テーマとして、『これからの防災情報収集システムに関する研究』『最新の天気予報の伝達技術と防災に関する研究』『消防組織が行う企業・法人向けへの防災・減災活動に関する研究』など(一覧は下に掲載)。ときには齊藤光俊先生から鋭い質問も出され、学生にとっては冷や汗が出そうな場面も見られました。最後に横山先生は総評として「大学で身につけた問題解決のちからを、これからの生活にもいかしてください」と述べました。
『山形県における防災民話と防災教育』という研究テーマで最優秀賞を受賞した吉泉晶さん(山形県立酒田光陵高校出身)は、研究成果について次のようにまとめました。
「近い将来予期されている南海トラフ巨大地震に備え、防災情報教育が求められています。地域に伝わる言い伝えや民話のなかには、防災教育に有益なものがあり、初等教育からの実施が大切だと思います。こども時代から道徳や防災意識を高めることで、多くの命が救われる社会になってほしい」
写真
上: 発表する田村遥さん
中:コメントする齊藤光俊先生
下:最優秀賞を受賞した吉泉晶さん

2014_20140212175648_1

2014_20140212091136_2

TOP