トピックス

  • 新着情報

加茂市立加茂小学校でマカロニチップスの出前授業 (2021.09.07)

新潟経営大学は、新潟県加茂市と相互に協力し、地域社会の発展と人材の育成に寄与することを目的とし、包括連携協定を締結しております。

 

この度、加茂市立加茂小学校より、5学年「総合的な学習」での出前授業の依頼がありました。これを受け、93日(金)、学長の中島純教授が「加茂のご当地グルメ マカロニチップスについて」をテーマに授業を行いました。

 

この授業は、児童が地元の産業と歴史について理解を深め、郷土への誇りと愛着を豊かに育むことをねらいとしています。児童は、地元加茂市が、「神社を中心に栄えた町」「学校の多い町」「老舗率の高い町」であることを学びました。その上で、加茂が「マカロニの国内生産発祥の地」であり、マカロニチップスが誕生したエピソードを知りました。また、ゼミ学生が取り組む「加茂マカロニチップスプロジェクト」を紹介し、大学の地域貢献活動についても学びました。

40人の児童は、地元の特産品であるマカロニチップスへの認識を新たにし、関心を深めたようです。この授業をきっかけに、将来、子どもたちが少子高齢化の課題を抱える地域を活性化し、将来を担う人材として育っていくことを期待します。

TOP