トピックス

  • 新着情報
  • ゼミ活動

萩原ゼミの演習にお邪魔して来ました (2021.07.20)

スポーツマネジメント学科の萩原先生のゼミがトレーニングセンターで、演習を行っていたので、少々お邪魔してきました。 

みなさん、1RMって言葉ご存じですか⁉

正式には、1repetition maximumと言って、正しいフォームで、1回だけあげられる事が出来る最大重量の事です。

RMを知る事で、自分の目的に合った重量で筋力トレーニングを行う事が可能となります。

例えば、筋力の向上を目的としたトレーニングであれば、1RM85%以上の重量を16回挙上できる負荷をかけることにより効果があるとされています。この他にも、筋肥大や筋持久力を目的とした場合のRMもありますので、ご興味があればぜひ調べてみてください。

また、この1RMの測定方法についても種類があり、今回は間接法を使って測定を行っていました。詳しい説明等については、81日(日)に行われるオープンキャンパスにご参加いただき、ご質問を頂けますと回答いたします。

本学では、この様にトレーナーを目指すことのできる講義や演習、さらにゼミ・トレーナー部があり、理論だけでなく実践的な学びが出来ます。 

————以下 学生のコメント————

萩原ゼミで3年生の「実験期間中のウエイトトレーニングによって腕の太さは変わるのか?」という研究テーマの実験の内容確認と、上腕二頭筋と上腕三頭筋の最大筋力を実際に測定しました。実際に測定を行ってみることでしか分からない、問題点や気づきもありました。最近、筋トレをしていなかったので不安でしたが、自分が思っているよりも重い重量を挙げることできました!

コメント学生の測定結果

上腕二頭筋 1RM  24kg

上腕三頭筋  1RM 32kg

周径囲 (右上腕) 実験前:33.1cm⇒実験後:34.3cm

以上

 

ちなみに、今回測定に参加した学生達は、これから2ヵ月間のウエイトトレーニングを行うことにより、1RMがどれくらい変化するのかを見ていくとの事でした。

TOP