お客様から感謝の言葉を
かけていただくことが
仕事のやりがいに

第一生命保険株式会社 新潟支社
新潟コンサルティング営業室

丸山 知華 さん 経営情報学科 2021年3月卒業

大学で広がった世界観

大学では4年かけて主に経営について学びましたが、その他にも統計学など自分の興味がある分野を深く掘り下げることができ、知識の幅が広がりました。
2年から参加した中島ゼミでは、加茂市の特産品「マカロニチップス」の新しい味を開発したり、東京の物産館での接客などを経験しました。座学で学んだ知識をゼミの活動で活かすことができ、自分の糧になる実践的な学びができたと感じています。
大学生活では、ゼミでの活動やアパレル系の販売のバイトを通して様々な年代の方と触れ合う機会が多くあり、物事を色んな角度から考えられるようになったと思います。販売士、ファイナンシャルプランナーなど、今の仕事に活かせる資格を取得できたのも大きな収穫でした。

社会での成長プロセス

生命保険を販売する営業として、毎日、お昼休みと終業の時間帯に、担当している企業を訪問しています。その時、私のことを知っていただくために「私新聞」という小さな手づくり新聞を配っているのですが、この新聞をきっかけに訪問先の方々と打ち解けることができ、苦手意識を持っていた目上の方との会話もすんなりとできるようになりました。
お客様のなかには私を信頼してくださり、ご自身の人生プランや家族構成、ローンの収支など、他人にはなかなか話せないことを打ち明けてくださる方もおられます。私が提案したプランや保険の説明がお客様の心に届き、感謝の言葉をいただくと、この仕事を選んで良かったと思います。職場には大学の先輩も多く、皆仲良しで結束力があるので、働くうえでも心強いです。

高校生へのメッセージ

新潟経営大学は、大きな大学でないからこその良さがあります。先生と生徒との距離が近いこともそのひとつです。先生にすぐに顔を覚えてもらえますし、それぞれの分野に長けた先生が大勢おられ、わからないことは気軽に質問できるのも小規模校ならではです。
大学時代、ゼミで地域貢献活動をしていたので、今の職場でも保険販売にとどまらず、新潟県警とコラボした地域貢献活動にも積極的に参加できています。大学生活で学内外のたくさんの人と関わり、話をする機会を得たことで、コミュニケーション能力が身につき、今に活かされているのだと思います。
大学での4年間は、自分がやりたいことにチャレンジできる期間です。新潟経営大学で有意義な時間を過ごしてください。
一覧に戻る

TOP