01

東口 順昭 さん スポーツマネジメント学科 2009年3月卒業

01

経験をパワーに代えて、次なるステージへ。

株式会社 ガンバ大阪

東口 順昭 さん スポーツマネジメント学科 2009年3月卒業

大学で広がった世界観

高校のサッカー選手権で準優勝。この時の悔しさをバネに「大学で見返したい」想いでサッカーを続けてきました。部活終了後も居残り練習をして着実にレベルアップ! 選抜入りし、3 年でアルビレックスの練習に参加したことで本格的にプロ入りの意識が芽生えました。プロフェッショナルな指導者、充実した施設・設備、幅広いネットワークなど、スポーツの環境がしっかり整った経営大だからこそ夢が叶ったのだと思います。自分自身のサッカー観をまるごと変えてくれた、まさに「サッカー人生の転機」となりました。

社会での成長プロセス

アルビレックス時代にケガをした際、多くの人が支えてくれて弱気になる自分を後押ししてくれました。ガンバ大阪へ移籍後も、常に「自分にしかできないことを武器にしよう」という目標を掲げてきたつもりです。プレー中、思い通りにならない場面でつい感情的になってしまいそうな時は、経営大で杉山監督に怒られたことが思い出されます。調子の良し悪しに惑わされないこと、身心をコントロールすることの大切さを胸に刻んで、今も自分の信じたサッカーを貫いています。

高校生へのメッセージ

長いサッカー経験の中で「もうやめよう」と思ったことも正直ありました。しかし壁を乗り越えたその先に喜びや感動が待っている。続けることで見えてくる世界があるのだと実感しました。
どんなことも絶対はない。努力の方向性さえ間違っていなければ、きっと誰でもチャンスに近づけるはず。経験豊かな監督・コーチ・先生方を信頼し、同じ志を持った仲間との絆を深め、目標達成するための覚悟を決めてもっともっとステップアップしよう!
02

五十嵐 利恵 さん スポーツマネジメント学科 2009年3月卒業

02

目標に向かって
走り続ける仲間達の姿が原動力に。

フリーアナウンサー

五十嵐 利恵 さん スポーツマネジメント学科 2009年3月卒業

大学で広がった世界観

もともとアナウンサー志望でしたが、入学後、サッカー部の同級生やトレーナーほか、それぞれ目指す仕事に就いている方との出会いがあり、スポーツのリポートや選手へのインタビューができるアナウンサーという自分の進むべき道が決まりました。夢や目標に向かって継続して努力するサッカー部のみんなの姿、そして心強い応援と支えのおかげで、ひとつのことをやり遂げられるようになったのが4年間の大きな成果です。

社会での成長プロセス

大学卒業後、TV局のアナウンサーとして10年間勤務しました。目標だったスポーツはもちろん、ニュースやバラエティなど幅広い分野のお仕事を経験させていただき、フリーアナウンサーという次のステージへ。現在は、週末のニュース番組やイベント司会などのほか、プレゼンテーションやビジネスマナーの企業研修講師も担当させていただいています。毎回、個人としての力量が試される、楽しくも緊張感のある現場に達成感もひとしお。何事も、近道はなく、信じたことを地道に積み上げていくことが大事であると改めて感じる毎日です。

高校生へのメッセージ

在学中は、勉強と仕事の両立に悩み、就職試験でうまくいかないなど苦しい時期もありました。でも諦めることなく目標を実現することができたのは、先生方の全面的なサポートと、頑張り屋の仲間達がいたから。この大学に入っていなければ、充実した今はありません。
「大事なのは、どこへ入るかではなく、何をするか」同級生のサッカー選手が話してくれた言葉です。やりたいことがあれば、まずは一歩進むこと。みなさんの覚悟や勇気を後押ししてくれる、素晴らしい出会いが待っていると思います。
03

長谷川 太郎 さん スポーツマネジメント学科 2009年3月卒業

03

「夢中になれること」にまっすぐ進もう!

株式会社 WONE

長谷川 太郎 さん スポーツマネジメント学科 2009年3月卒業

大学で広がった世界観

小中高とサッカーに明け暮れた毎日から経営大へ入学。ケガなどの挫折を体験したこと、ファッションや音楽、飲食などサッカー以外の興味関心が広がったこと、そして貴重な人と接する機会が多くなったことから気づいたのは「4年間で目指す道は無限大にある」ということでした。今まで出来なかったことに挑戦できるのは大学生の特権!成長のチャンスであるという気づきが自分自身の可能性を広げてくれました。

社会での成長プロセス

新潟県内外で飲食店や美容室など、様々なジャンルの店舗・事業を展開しているベンチャー企業の部長という立場で仕事をしています。人材育成、売上のマネジメントやブランディング構築など、幅広い業務に携わっていて毎日刺激的です。ただ、経営の難しさと面白さを実感するたびに、漠然と授業を受けていた大学時代の自分自身が悔やまれますね。
会社を成長させる鍵になるのは、やはり「人」。コミュニケーションの積み重ねが企業の実行力やスピード感を生み出していると思います。

高校生へのメッセージ

実は大学4年次、アパレルショップでのアルバイト先で出会った最初のお客様が弊社の社長です。入学時に今のような仕事をするなんて全く想像もしていませんでしたが、夢中になれることを仕事にするとやりがいも倍増します。まずは、好き!楽しい!と思えるものを学生のうちに見つけられるようアンテナを広げておきましょう。毎日を全力で楽しみ、何かに没頭し、出会いを大切に、自分を見つめなおして成長へ。そのサイクルの中で人生を形成いくことが大事なのではないでしょうか。
04

ERSHOVA ANNA さん (エルショワ・アンナ) 交換留学生 2010年3月卒業

04

“日本で会社を経営する”夢が叶いました!

株式会社aNmoda

ERSHOVA ANNA さん (エルショワ・アンナ) 交換留学生 2010年3月卒業

大学で広がった世界観

高校時代まではロシア(ハバロフスク市)で過ごし、大学から単身日本に渡りました。言語、文化、環境、人間関係などが一変し、見るもの・感じるもの全てが新鮮でした。世界そのものが丸ごと変わったように感じた、実にチャレンジングな毎日!先生から、日本経済や中小企業に関する資料をたくさん見せていただいたこと、燕三条地域のものづくりの歴史に注目したことなどがきっかけとなり、経営大の講義を受けていくうちに「日本で会社を経営する」ということが一つの夢になりました。

社会での成長プロセス

在学中からモデル・タレントとして活動をしていた流れで、卒業後は東京へ。モデルの仕事をしながらも、大学時代からの会社経営の想いは日に日に大きくなっていきました。
有名企業の経営者の方々との出会いがあり、直に助言をいただきながら2014年、ようやく会社を設立。現在は外国人・ハーフモデル事務所の経営をしています。設立当初は全て手探りで不安だらけでしたが、事業拡大と共に競合他社と対等に戦えるようになりました。長年の夢を叶えた今、次の目標は「外国人モデル事務所NO.1」です。

高校生へのメッセージ

経営大には、海外からの留学生がたくさんいて、日本の経営に関することはもちろん、グローバルな価値観を広く学べる環境が整っています。私はロシアから来て、日本で活躍することを目指しましたが、日本の皆さんは新潟から世界を目指して頑張ってください。
留学生にとっては日本語の上達だけでなく、見たい・知りたいこと、より多くのことを吸収できる貴重な日々となるでしょう。地域の方々も温かく迎えてくれるので、日本文化が大好きになると思いますよ。
05

長谷川 亘 さん 経営情報学科 2008年3月卒業

05

チーム一丸となって、感動の輪を広げたい。

松本山雅FC

長谷川 亘 さん 経営情報学科 2008年3月卒業

大学で広がった世界観

教職過程を専攻し、教育・指導することの奥深さ、人と接することの大切さを学びました。また部活動ではサッカー部に所属。1年次はプロの選手を目指していましたが、全国の優秀な選手と共にプレーすることで勝負の世界の厳しさを痛感しました。2年次以降はマネージャーとして活動し、部員はもちろん、外部の方とも関わりながら試合の運営を行うことができたのは、監督から「指導者という道もある」ことを早い段階でアドバイスいただいたおかげです。在学中の貴重な経験の一つひとつが、卒業後の進路を明確にしてくれました。

社会での成長プロセス

現在、サッカークラブ「松本山雅FC」にてチームマネジメントを担当しています。マネージャーの仕事は、練習場の確保や試合遠征の調整、交通の手配などのほか、選手が試合で100%の力を出せるよう、心身のサポートを行うことも重要です。日頃から選手とより良い関係を築き、幅広いファン・サポーターと喜びを共有できることが何よりのやりがいとなっています。
仕事を覚えることで精一杯だった入社当初から10年、多くの人との出会いに導かれて今があります。何気ない声掛けやふれあい、人と人との向き合い方がチームの一体感・団結力へつながっていることを実感する毎日です。

高校生へのメッセージ

新潟経営大学は、自分が「こうなりたい」と思う目標に向けて全力でサポートしてくれる大学です。「プレイヤー以外にも、サッカーに関わる選択肢がある」ことを知った私のように、もし入学後に迷ったときでも新たな一歩を踏み出す勇気をもらえるはずです。
この大学で多くを学び、イメージする理想の自分に向かってチャレンジしてみてください。4年間の努力次第で未来の幅は大きく広がっていきます!
06

角田 瑞希 さん 経営情報学科 2014年3月卒業

06

子どもたちの個性と自主性を育むために。

加茂市立下条小学校

角田 瑞希 さん 経営情報学科 2014年3月卒業

大学で広がった世界観

入学前は「勉強=苦」というイメージでしたが、経営大の教職課程での学びを通して「知らないことを知るのは楽しい」、「さらに未知な世界を追求したい」と思うようになりました。
海外研修、夏合宿、実践発表会、学友会などで得た、仲間と協力して活動する達成感は今も忘れません。部活動に力を入れている人、資格取得に取り組む人、同じ夢を持つ人、やさしい先生方…私自身の視野を広げてくれた全ての出会いに感謝しています。

社会での成長プロセス

卒業年次に参加した小学校のボランティア活動で、楽しそうに英語を学ぶ子どもたちの姿を見て「小学校教諭」の道を決意しました。今は5年生の担任として、子どもたちと共に学び、悩み、遊ぶ、貴重な毎日を過ごしています。先生になったばかりの頃は待つことができず、つい「ダメ」と叱ってしまうこともありましたが、今は「なぜダメだったのか?」子どもたちが自ら考えることに重点を置くようになりました。個性を活かし、意欲的に行動する力を育むため “一歩引いて見守ること”を心掛けています。

高校生へのメッセージ

今すでにやりたいことがある人も、自分に何が向いているか悩んでいる人もいると思いますが、とにかくチャレンジすることに意味がある!やってみたら上手くいくことも、失敗を恐れていたら始まりません。プロセスから学ぶこともたくさんあると思います。
私はこれからも教育に携わって、子どもたちと一緒にチャレンジし続けたい。皆さんも未知の世界に飛び込む怖さを「楽しさ」に変えて、充実した大学生活を送ってください。心から応援しています。
07

根本 昌幸 さん 経営情報学科 2003年3月卒業

07

諦めない心がライフプランを現実のものに。

新潟税理士法人 深滝合同事務所

根本 昌幸 さん 経営情報学科 2003年3月卒業

大学で広がった世界観

漠然と「経営者になりたい」と思っていた入学時。簿記系の資格取得(簿記3級から税理士科目まで)のサポート体制が整っている経営大で、日商簿記検定3級に挑戦し、合格しました。勉強が苦手な私にとってこの資格取得は大きな喜びとなり、税理士を志す第一歩に。2級、税理士科目へと進む中で、自らの将来設計に真剣に取り組んだことも世界観の広がりのひとつです。税理士科目を取得するまで、何度も1から勉強し直すことで諦めない気持ち、粘り強さも身につきました。

社会での成長プロセス

卒業後、新潟大学の大学院で税法を学びながら、裁判例や法律と照らし合わせて物事をより深く捉える力を養います。会計事務所に入所した当初は、顧問先に満足のいくご提案ができませんでしたが、現在10年勤務し、ようやく社長様の本音を話していただける関係性を築くことができるようになりました。しかし、平均年齢65歳以上という税理士のキャリアとしては、まだまだ駆け出し。人と人との繋がりを大切に、企業とのパートナーシップを強化しながら関係各所との信頼を獲得していきたいと思っています。

高校生へのメッセージ

経営を学ぶ上で、税は欠かせない存在です。簿記系の資格は将来きっと役に立つと思うので、興味のある方はぜひチャレンジを。また税理士を目指す方、高い目標を掲げている方には、「諦めずに取り組めば何歳になっても夢は叶う」ということを伝えたいです。それと同時に、希望する職業・職種をイメージで捉えるのではなく、インターンシップなどを利用して早めに実際の現場を見て、体験することも大事。大学時代から目的意識を持って物事に取り組んでいきましょう。
08

岡田 正務 さん 経営情報学科 1998年3月卒業

08

心地よく働ける「環境づくり」に専念して

加茂暁星高等学校

岡田 正務 さん 経営情報学科 1998年3月卒業

大学で広がった世界観

決められた通りに物事を進めていた高校までの毎日とは異なり、未知なる分野を幅広く学ぶことのできる自由な学校生活はとても刺激的でした。興味のある学問をより深く追求する方法や楽しさをゼミの先生から学んだことが印象深く、勉強の概念や社会に出てからの取り組みにも大いに役立ちました。さらに4年次の語学研修でアメリカの文化に触れて、コミュニケーションや考え方の違いを感じた経験は、世界を大きく見渡せる確かな力となりました。

社会での成長プロセス

就職活動の段階で将来を見据えたときに「県や地元を支える人材育成」の必要性を感じ、教育機関で仕事がしたいと思うようになりました。経営大の事務職を14年経験し、加茂暁星高校に異動後、事務長となって3年経過。現在は、管理業務がウエイトを占めており、経営方針を決めていく部分にも関わります。生徒が勉強しやすく、生活しやすいように、教職員が働きやすいように、組織全体に目を向けた広い意味での「環境整備Jをコンセプトとして仕事を進めることにやりがいを感じています。

高校生へのメッセージ

母校である経営大に勤務した経験からより実感したのは、「経営を冠する大学だからこそ幅広い学びと出会いの機会にあふれている」ということでした。
大学の4年間は、社会に出てからどう生きていくかの基礎力を身につける貴重な時間であり、大事な場所になります。学ばせてもらおうと受け身になるのではなく、積極的に行動することで、人材育成に熱意のある懐の広い経営大から大きく羽ばたいて欲しいと願っています。

TOP