01

中村 恵美 さん 経営情報学科 2017年3月卒業

01

心に寄り添う対応で、
お客様の信頼に応えたい。

株式会社第四北越フィナンシャルグループ
株式会社第四北越銀行 窓口

中村 恵美 さん 経営情報学科 2017年3月卒業

大学で広がった世界観

入学時はまだ将来設計が漠然としていましたが、先生方の親身なサポートのおかげで、経営や会計だけでなく、幅広い分野から教育学や外国語、外国文化など自分のやりたいことを見つけることができました。国際交流のイベント活動に参加し、違う国家、価値観、習慣の人達が集まって楽しい時間を共有できたことも貴重な経験です。
自ら率先して行動に移すことで、「出来ない」を「出来る」に変えることができることを学びました。

社会での成長プロセス

私は窓口担当として、お客さまのライフステージに合わせた資産運用等のご提案を行うコンサルティング業務に力を入れています。最近ではお客さまから感謝の言葉をいただける機会も増え、自分自身が成長していることを実感しています。
お客さまに喜んでいただくためには、お客さまに寄り添い、信頼関係を構築することが重要です。大学で学んだ会計や経済の基礎知識はもちろんですが、大学の講義や様々なイベントへの参加を通して積極的にコミュニケーションをとる意識が培われたことは、今の仕事に大変役立っています。

高校生へのメッセージ

私は“大学で学んだことを活かして地域に貢献したい”という想いから銀行へ就職しました。お客さま一人ひとりの課題解決に真摯に取り組むことが、地域経済の活性化につながると考えています。これからは更に幅広い知識を身に付け、お客さまの人生が豊かになるお手伝いが今まで以上にできるよう努力していきます。
皆さんもぜひ経営大でやりたいこと、好きなことを見つけてまっすぐ進んでください。専門の知識を持った先生方が必ずバックアップしてくれます!
02

今村 佳太 さん 経営情報学科 2018年3月卒業

02

監督と仲間の心強い存在が、
揺るぎない自信に。

琉球ゴールデンキングス
プロバスケットボール選手

今村 佳太 さん 経営情報学科 2018年3月卒業

大学で広がった世界観

とにかくバスケに打ち込んだ4年間。自分に足りない部分を克服していく能力と、強みや長所の伸ばし方を学んだことで可能性が広がりました。特に田巻監督の「自分で考え、自分に合った努力を」という教訓は、今でも大切な指針になっています。また、不安なとき、落ち込んだときも同じ志、同じ夢を持った仲間が「大丈夫」と前に進む勇気を与えてくれた。経営大での出会いと経験があったから、プロへの道に自信を持って進めたのだと思います。

社会での成長プロセス

自分が成長を実感するよりも、応援してくださっている方々が成長したと思っていただけるように頑張っています。
先輩プレーヤーの方々は、身体の整え方、ストレッチはもちろん、試合後のケアの仕方も自分なりの方法で努力し、積み重ねていることを知りました。「継続する」ことの大切さを学び、結果を出す喜びに代えていきたい。自分のプレーや行動が影響を与えられるポジションであることを常に意識し、子どもたちの憧れとなれるような存在になっていきたいと思います。

高校生へのメッセージ

プロの世界は楽しいばかりでなく、厳しくて苦しいときももちろんあります。でも試合の動画を見て反省するとき、次への課題を明確にするとき、新たな環境に身を置くとき、やはりバスケがなくてはならない存在だと再確認するのです。
卒業後も母校のバスケの成績や後輩選手たちを気にかけています。経営大のさらなる活躍と、自分自身やチームの成長により日本のバスケ人気を底上げできるよう、良い循環の中で思い描く夢に向かって進んでいきましょう。
03

牛腸 光瑠 さん 経営情報学科 2018年3月卒業

03

何気ないコミュニケーションが、
やがて大きな喜びに。

第一生命保険株式会社 新潟支社
新潟コンサルティング営業室

牛腸 光瑠 さん 経営情報学科 2018年3月卒業

大学で広がった世界観

所属ゼミでのイベント運営を通して地域の方々や多くの企業の方にご協力いただき、接点を持つことができました。また、販売実習の模擬体験や商品開発は、実際の現場で働くイメージがしやすかったです。座学で勉強したマーケティングや経営について実践的に学びながら、興味のある分野を自由に突き詰めることができる大学生活は、人や社会との関わり方とその大切さを教えてくれた貴重な財産となりました。

社会での成長プロセス

毎日担当企業様に伺い、コンサルティング活動を行っています。スケジュール管理をするだけで精一杯だった入社1年目から、今では“誰かのお役に立ちたい”思いをベースにご提案できるようになりました。お客様から「親身に話を聞いてくれてありがとう」「あなたになら任せられる」などのありがたい言葉をいただくことが何よりの励みです。
入社後にFPの資格を取得したことも成長のきっかけに。これは大学時代のFPの授業で基礎知識を得ていたこと、またその他の資格取得のための勉強法が身についていた結果だと思います。

高校生へのメッセージ

経営学や経済学の知識は、学んでおくと企業の経営やマーケティング戦略について知ることができるので、将来の可能性、選択肢がぐんと広がります。さらに営業は、人と人でなければできない仕事です。いくら技術が進んでも、AIには人の気持ちを読み取ることはできないと考えています。
頼もしい先輩たちが活躍する、安心できる企業で自分の個性・役割を活かし、やりがいを持って働く―そんな理想的な未来を共に描いてみませんか。
04

佐藤 征宏 さん 経営情報学科 2016年3月卒業

04

大学時代に培った経験を、
若者の未来へつなぐ。

株式会社 アルビレックス新潟育成部
U-12 コーチ

佐藤 征宏 さん 経営情報学科 2016年3月卒業

大学で広がった世界観

小学1年生から始めたサッカーを続けるために経営大に入学。サッカー部の活動と共に教員免許を取得しようと、教職課程を履修しました。大学3年次に病気を発症した影響もあり、選手ではなく、指導者としての道を選ぶことに。経営大では地元の子どもたちに教えるサッカースクールを実施していたこともあり、学生時代から指導経験を積むことができました。教職課程での実習やインターンシップで出会った方々との関わりやお話から、物事の見方、考え方の幅が格段に広がったことも大学時代の成長のひとつです。

社会での成長プロセス

アルビレックス新潟のアカデミー組織において、小学生以下を中心に指導を行い、時にはスクールやサッカー教室などでコーチとして活動しています。どんなに忙しくても、時間の使い方を工夫し、仕事をやり遂げる先輩たちを見ていると「自分はまだまだ未熟で努力が足りない」と気づかされる毎日ですが、先輩のアドバイスに耳を傾け、子どもたちとの関わり方や伝え方について日々勉強しています。
悩むことがあったりすると子どもたちの前向きな姿から、逆に元気やパワーをもらったりもします。
子どもたちの成長は、指導者の声掛け次第です。サッカーのテクニックと同様に、挨拶や会話など人としての基本的なマナーや思春期特有の心のバランスにも配慮しながらきめ細かなサポートを行っていきたいと考えています。

高校生へのメッセージ

人見知りで、周囲に馴染めなかった幼少期から、サッカーを通してコミュニケーションを深めることができるようになり、今ではサッカー指導を通して地域貢献するという使命を全うしています。
プロの選手になれたとしても、なれなくて違う道を選んだとしても、経営大なら必ずその夢に向かってあたたかいサポートをしてくれます。
現在、進みたい道が見つからなくても、その道が見つかるまで一緒に探してくれます。
在学時も卒業後も、いつでも気にかけてくださる先生方への感謝の気持ちを、サッカー指導の情熱に込めてこれからも一人ひとりの未来を照らしていきたいです。
05

小川 和陽 さん スポーツマネジメント学科 2019年3月卒業

05

時代の変革にも強い“自力”を持って、
チームの活躍をバックアップ!

株式会社 VOREAS
Vリーグ所属「ヴォレアス北海道」 MD担当

小川 和陽 さん スポーツマネジメント学科 2019年3月卒業

大学で広がった世界観

高校卒業後、専門学校に入学し、さらなる成長を求めて経営大へ3年次に編入しました。ゼミや授業で学んだ知識を行政の会議やインターンシップなどの課外活動に活かすことで、多くの成果を得ることができました。当時日本ではあまり例のない「スポーツビジネスを行う部活」を創設したり、自身の研究に打ち込んだりといった主体的な取り組みも貴重な成功体験に。「学ぶこと」と「実践すること」を両立できた大学生活で視野がぐんと広がりました。

社会での成長プロセス

男子プロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」にてホームゲームでのグッズ販売、ECサイトの運用、新商品開発をメインに、チケット販売施策の立案・実行業務を担当しています。「自分で考えて、作って、売る」一貫して携わることで、自分の行動がダイレクトにお客様の喜びに繋がっていることを実感します。

高校生へのメッセージ

バレーボールが盛んな北海道で、チームとしてまずは1部昇格、やがては日本一を目指しています。さらにスポーツが街の誇りとなるように、業界全体の活気に繋がるように、一つひとつできることを実現していきたいです。
Withコロナといわれる時代において、進路選択は非常に難しく、かつ重要なことだと思いますが、経営大はどの時代においても必要な「自力」を磨ける環境です。ぜひ興味ある分野を見つけて有意義な大学生活を送ってください。

TOP