提案力を磨き
お客様から頼られる
存在になりたい

リコージャパン株式会社 新潟支社
長岡営業部 長岡営業所

神林 宙夢 さん 経営情報学科 2021年3月卒業

大学で広がった世界観

社会に出た時に役立つことを学びたいという思いから商業高校に進み、さらに経営に関する知識を深めたいという理由で新潟経営大学に入学しました。大学時代は、自分の将来像についてまだ漠然としていましたが「何かになるための選択肢を増やす」という目的で、色んな知識を吸収するために専門性の高い講義をスケジュール調整しながら学んでいきました。大学で痛感したのは、自己管理の大切さです。自分で決め、自分で行動を起こすことを繰り返すなかで、自主性が培われたと思います。
また、新潟経営大学は資格取得のサポート体制がとても充実しています。簿記検定に合格するという一つの目標に向かって努力を続け、合格という目に見えるカタチになって成果があらわれたことで、自分の成長を実感できました。

社会での成長プロセス

卒業後は地元の長岡で営業職に就き、複合機を軸に働き方改革の業務改善や企業を守るBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)対策を企業に提案しています。
お客様の企業価値や生産性を高めるためにどのような提案ができるかを考えるうえで、大学時代の経営学や経済学の基礎知識が役立っていると感じています。
新規開拓の飛び込み営業をするようになって3ヶ月目には、お客様との対話を繰り返すなかで大きな案件受注につながり、自信がつきました。この受注を頂くために多くの方々に支えていただきました。特に印象に残っていることは「神林さんに成果を出させてあげたい」と仰って頂けたことです。また納品後の「ありがとう」に働く喜びを感じました。今後は各企業の業態に合った改善提案ができるように力をつけ、お客様から頼られる存在になっていきたいです。
また社会での成長する場は企業内だけでなくワークライフバランスがとても重要です。休日や有休休暇の時にはキャンプに出掛け、冬にはスノーボードに行き、外での経験を得ながらリフレッシュしています。

高校生へのメッセージ

経営学をはじめ、経済学、簿記など関連する分野を通じて経営の基礎を学ぶことは、どの業種、どの企業に就職するにしても将来、役立つ知識です。企業の一員として役立ちたい人にとって、経営学は切り離せないものです。過去から現代までの産業革命の流れやその時代の情勢、過去の事例を知識として持つことで、自分の引き出しが増え、実践の場で活かすことができます。
これから先、企業形態や働き方が大きく変わっていくことが予想されます。変化が激しい時代にあって、経営の基礎を学ぶことは企業人としての土台を支えることにつながります。今はやりたいことが分からない人、何になりたいか分からない人も、経営の知識を増やすことで、卒業後、若い感性で新しい発想を生み出し、社会の最前線で活躍できる人材になれるはずです。
一覧に戻る

TOP