“やりたいことにまっすぐ進む”
バスケットボールの学びで成長を実感。
株式会社 アメージングフューチャー(フィットネストレーナー)

猪俣 ミナ さん スポーツマネジメント学科 2021年3月卒業

1

2年次

「働く」とは何か?を探る

職業を選択する上で最も優先することは何か?を考えました。中途半端な気持ちで働きたくない!「やりがい」を重視したい!これは自分を成長させてくれたバスケットボールの環境と重なる部分があります。

2

3年秋~

条件を明確にする

心から好きなことをするのが「やりがい」なら、私は“身体を動かすことが好き”で“誰かのサポートをしたい”。この2つをテーマ&条件に据えた就職活動を開始しました。

3

3年冬~

キャリア支援係や先生に相談

ご時世的に思うように動けず就活に不安…でも相談しやすいあたたかい環境のおかげで心強かった。PCやスマホを活用した対応・フィードバッグも手厚く、応援されている安心感に包まれました。

4

4年4月

企業を絞り、課題に取り組む

「女性が活躍する社会を目指す」企業理念に感銘を受けて、多くの課題にチャレンジ。すぐに東京へ行くことができませんでしたが、企業の方と何度もオンラインでコンタクトを取りました。

5

4年5月~6月

職場体験→社長面談→内定!

東京での職場体験を通して現場の熱量を感じ、「この会社で成長したい」と強く思うように。Skypeで50人の社員さん方へプレゼンしましたが、オンラインに慣れていたためスムーズでした。

一覧に戻る

TOP