トピックス

  • 新着情報

【観光経営学部】新潟県立海洋高校にて探究学習支援出前授業を実施しました (2020.08.05)

高校生の探究学習をサポートする新潟経営大学の学生による出前授業が、糸魚川市の新潟県立海洋高校で、7月20日に行われました。 新潟経営大学から参加したのは、観光経営学部観光経営学科の3年生7人、2年生7人の14人です。一方、新潟県立海洋高校から参加したのは、資源育成コース、食品科学コース、海洋技術コース、海洋創造コースの4つのコースの2年生76人です。海洋高校では毎年3年生になると一年をかけてそれぞれのコースに合わせた地域研究を行い、発表会を開催しています。学内で優秀だった発表は水産高校の全国研究大会に出場しますが、過去には優勝した経験があるということです。しかし近年は、研究する期間が一年では短く、結局研究テーマは地元の人たちに頼らざるを得ない状況となっていることが、課題となっていました。そこで、3年生になる前の2年生の段階で地域資源の掘り起こし、それをもとにどのように探究学習を進めていくのか学ぼうと、高校との探究学習に実績のある新潟経営大学観光経営学部観光経営学科に依頼し、今回の授業が実現しました。

出前授業は体育館で行われ、各コースの生徒をさらに4~5人のグループに分け、そのグループに一人ずつ新潟経営大学の学生がファシリテーターとして入って、生徒たちを支援していきました。具体的な授業の中では、地域資源についての意見を出し合い、またその地域資源と結びつくニーズに関する意見、さらにそうしたニーズに関連させるためのアイデアといった順に議論が進められていきました。はじめは少し戸惑っていた海洋高校の生徒は、徐々に大学生に頼らずに自分たちで意見を交換するようになり、自分たちの意見を出し合って話を深めていました。そして最後は、出し合った意見の効果が低いのか、高いのか。実現性は高いのか、低いのかについての意見をまとめて発表を行いました。出前授業は2時間あまりでしたが、決められた時間内にすべて消化することができた有意義な出前授業となりました。

TOP