トピックス

  • 経営学実地研究

加茂市の桃源郷『七谷の郷土料理よみがえりワークショップ』開催 ―経営学実地研究(観光まちづくり)七谷班6次産業プロジェクト― (2023.01.23)

経営学実地研究(観光まちづくり)七谷班では、加茂市の“桃源郷”といわれる七谷の地域振興、6次産業プロジェクトの一環で『七谷郷土料理よみがえりワークショップ』を1月18日に開催しました。

七谷の大自然、食文化の保全と活用、八十里越トンネル開通後に通過都市でなく滞在都市にするため、「どうする七谷研究」を進めてきました。1年かけて七谷移住者、定住者、農業婦人会、七谷を元気にする会、郷土史研究者、七谷出身経営者から聞取り調査をおこないました。その結果、七谷を元気にするために6次産業開発(七谷食材の伝統料理、スイーツ、スローフード)と野外レジャー拠点にすることが良策であることに絞られてきました。(アドベンチャーツーリズム)これらを加茂市・加茂商工会議所主催「加茂まちづくりフォーラム」(120人出席)にて企画提案の機会をいただきました。

『七谷郷土料理よみがえりワークショップ』には大学生、七谷元気会、農業婦人会、美人の湯、新聞社、地域おこし協力隊などの出席を得て、食材集め、料理づくり、講評をおこないました。

経営学実地研究(観光まちづくり)七谷班メンバー
村松 愛久瑠、横渡 樹里、片桐拓大、小川光

(文責:近藤)

TOP