01

北澤 杏奈 さん 経営情報学科 2017年3月卒業

01

お客様のニーズに合った、
ベストなご提案を目指して。

北越銀行

北澤 杏奈 さん 経営情報学科 2017年3月卒業

大学で広がった世界観

興味関心のある分野を絞り、目的意識を持って学ぶことの大切さを知りました。特にゼミの活動では、文章の書き方から地域活性化の研究、実地調査、
外部での発表機会と段階を踏んで楽しみながら学ぶことで、自分の強みと自信を持てる分野が明確に。「新潟県の発展に寄与し、地域に密着して役に立てる人材になりたい」という考え方から、「地域経済を支えて個人や法人の役に立てる地方銀行への就職」を選択できたのは、経営大で学んだことの最大の成果となりました。

社会での成長プロセス

銀行窓口でお客様に対応するテラー業務、店舗内の現金、ATM等の資金管理をする出納業務のほか、お客様のライフステージに合わせて資産運用等のご提案をするコンサルティング業務を行っています。「あなたが担当で良かった、ありがとう」と感謝のお言葉をいただいた時、またお客様からご指名いただけた時にやりがいと達成感を感じます。
今後は法務財務税務に関する幅広い資格を取得し、日々知識をアップデートしながら、多角的な視野で業務を進めていきたい。人でなければできない仕事、今私に求められていることに全力で応えていきたいと思っています。

高校生へのメッセージ

自ら学びたいものを学び、さまざまなイベントやプロジェクトに参加できる素晴らしい大学です。今学びたいものが見つからない、進路に悩んでいる、自信がない、そんな人こそ経営大で自分の強みを見つけて欲しいと思います。
大学時代の友人とは今でも情報交換したり、悩みを相談し合ったり、旅行を楽しんだりと充実した時間を過ごしています。親身にサポートしてくださる先生方や共に成長できる友人たちと過ごす4年間は、最高の財産になりますよ!
02

佐藤 貴俊 さん 経営情報学科 2003年3月卒業

02

幅広い人との関わり方を学びました!

セキスイファミエス信越株式会社

佐藤 貴俊 さん 経営情報学科 2003年3月卒業

大学で広がった世界観

授業やゼミでは、自主的に取り組むことの大切さを学びました。学園祭等イベントの準備や当日のサポートを通して先輩後輩との関わりが深まり、接客のアルバイトや草野球クラブの活動でも、人間関係の幅がぐんと広がった貴重な4年間でした。
今振り返ると、チームや組織の中でいかに自分自身の役割を見い出し、どう発揮するかを考えた第一歩だったのではないかと思います。社会に出てからさらに求められる「責任感」も、大学時代に養うことができた要素のひとつです。

社会での成長プロセス

「住まい」は誰にとっても身近なもの。リフォーム等の提案営業を通して、多くのお客様と関わらせていただいていますが、住宅は関心が高い分野なだけに、人と人との信頼関係が欠かせません。お客様の気持ちや暮らしに寄り添うことを大切に営業としての成果につなげていきたいと考えています。
また、新入社員時代に感じたのは「大学で簿記資格を取得しておいて良かった」ということ。スムーズに住宅ローンのご提案に入ることができたのは、簿記の知識のおかげでした。

高校生へのメッセージ

少しでも関心のあることなら、とりあえずやってみる。うまくいくこと、壁にぶつかり悩むこと、さまざまな経験が自分を成長させてくれるはず。何事も挑戦することで課題が見えてくるので、必ず次へのステップが見つかります。
またその過程にある、人との出会いやコミュニケーションも大事なポイント。何気ない気づきを大切に、より良い信頼関係を構築できれば最高ですね。
03

笠井 美紀子 さん 経営情報学科 2015年3月卒業

03

言葉と笑顔と行動で、
「感謝」の気持ちを伝えたい。

新潟日産自動車株式会社
(株式会社NSホールディングス)

笠井 美紀子 さん 経営情報学科 2015年3月卒業

店長 塚田 康介 さん 経営情報学科 2002年3月卒業

大学で広がった世界観

将来を見据えて自主的に動くことの大切さを学びました。授業やバスケの部活動の中ではもちろんですが、特に印象的だったのがゼミでの冊子制作。さまざまな企業の経営者の方に直接インタビューを行い、現状の考え方、取り組みの方法、働くことの意義を学んだ経験が大きかったです。
販売士、ビジネス実務検定、秘書検定、漢字検定、カラーコーディネーター検定など、大学時代に取得した幅広い資格も今の仕事に活きていると感じます。(笠井)

社会での成長プロセス

自動車販売の営業の仕事を通して、お客様に寄り添うこと、想いを伝えることの重要性を実感しています。ショールームでお客様に心地良く過ごしていただけるようきめ細かなご対応を心掛けていますが、時にはお客様が帰られた後に「こうしておけば」という後悔が残ることも。そんなときにはお電話やお手紙で感謝の気持ちをしっかりお伝えし、リカバリーするよう努力しています。
また営業チームとしての情報交換、整備等サービス部門との連携の中でも、自分自身の成長を感じるポイントが満載です。(笠井)

上司から見た笠井さんの仕事ぶり

お客様は、貴重なお時間を割いてショールームにご来店いただいています。人の時間=人生の大事な時間。常日頃からパートナー(部下やスタッフ)には「お客様に感謝をお伝えしよう」と話しています。
笠井の正直さや素直さが表れる真心込めた対応に、お客様からお褒めの言葉をいただくことも多く、共に働くメンバーの一人として喜びを感じています。多くのお客様とのコミュニケーションの中で経験を積み、前向きに取り組む笠井の姿は、チーム全体のモチベーションをいつも高めてくれているのです。(塚田)

高校生へのメッセージ

私はもともとコミュニケーションが得意な方ではなかったのですが、大学時代に「このままじゃダメだ」「自分を変えたい」と考え、あえて人と関わる営業職を選びました。さまざまな年代、職業、ライフスタイルのお客様と接することができる日々はとても新鮮で、やりがいに満ちています。
「この分野は苦手だから」と、イメージだけで可能性を捨てるのはもったいない。その分野で自分がどう輝けるかは自分次第なのではないかと思います。(笠井)

高校時代と違い、大学は「自由と責任」が大きなテーマになります。やりたいことに打ち込む時間はたくさんあるけれど、自らの将来を考えた時に今何をすべきか?優先順位をつけて行動すると良いと思います。
 在学時の講義で、漫画を用いて手形やお金のことを分かりやすく教えていただいた知識が現在の仕事の役に立っています。恵まれた環境の中で学んだ4年間はかけがえのない財産です。(塚田)
04

山本 翔 さん スポーツマネジメント学科 2015年3月卒業

04

「サッカーに恩返しがしたい」
その想いを原動力に。

東京フットボールクラブ株式会社

山本 翔 さん スポーツマネジメント学科 2015年3月卒業

大学で広がった世界観

「サッカー選手として活躍するには自分のレベルは及ばない」と高校時代に自覚していましたが、それでも好きなサッカーに関わりたくて経営大へ。1~2年次は、サッカー部のマネージャーとしてチームを支えつつ指導者ライセンスを取得。3年次に短期留学でドイツのサッカー試合を生観戦。北信越の学生幹事会を務めさせていただいたほか、ゼミの活動を通して実践的にスポーツマネジメントを学ぶことができました。幅広い経験ができる恵まれた環境のおかげで、「サッカーに関わる仕事」の可能性が広がりました。

社会での成長プロセス

プロサッカーチーム「FC東京」のスポンサー営業を中心に、子どもたちの育成を目的とした試合観戦バスツアーの開催等、社会に貢献する活動に携わっています。企業様、選手、ファンの方々と接する中で、地域におけるスポーツの重要性を実感し、資金集めへの意識が高まりました。
小4から始めたサッカーは、友達を作るきっかけをくれただけでなく、大事な学びの場となり、今では一人の人間としての成長を感じさせてくれるかけがえのないものに。大好きなサッカーに恩返しできるよう、さらなるチームの活性化に尽力します!

高校生へのメッセージ

好きなスポーツと関わる方法は、プロ選手という道だけではないことを伝えたいです。もちろん、最初は漠然とした目標でいいと思う。まずは「こんなことをやってみたい」と口にすることから始めてみましょう!経営大は、漠然とした夢や希望を具体化してくれる環境が整っています。一人ひとりの想いに真剣に向き合ってくれる人との出会いがあります。夢を追い、叶える方法は、無限大であることを知って欲しいです。

TOP